シティ情報ふくしま > イベント

Fteen 潜入!!放課後ハイスクール
2017 03
前日へ 20日 Mon 次日へ
 アート いわき市
絵本原画と忍術の秘密
忍たま乱太郎ミュージアム
 長く愛される人気アニメシリーズ『忍たま乱太郎』の展覧会。尼子騒兵衛(あまこそうべえ)による絵本の原画や、貴重な忍者道具コレクションが並ぶ。なりきりコーナーや体験コーナーも登場。写真撮影もできるので家族で楽しめるはず。先着3,000名に展覧会オリジナルバッジのプレゼントもあり。気になる方はお早めに。
 アート 郡山市
コレクション探訪 英国紳士の審美眼
 「郡山市立美術館」のコレクションの中から2つのテーマで展示。選りすぐりのイギリス版画約100点と、クリストファー・ドレッサーによる生活に根ざしたデザインの98作品が並ぶ。
 アート 三春町
放送開始55周年
「みんなのうたの世界展」
 昨年、放送開始55周年を迎えたNHK「みんなのうた」。作品のもとになったセル画や人形など貴重な資料を展示する。親、子、孫3世代にわたって長く親しまれてきた番組の歴史を振り返ろう。
 その他 福島市
こどものゆめミュージアム
~夢を叶えるバーチャルワールドへようこそ!~
 日本唯一のアニメ漫才師であり、デジタル芸のパイオニアでもあるアキラボーイ監修のイベント。「ゲームの世界に入ってみたい」「超能力を使ってみたい」など様々な夢が体験できる。また4月2日(日)14時からは、アキラボーイ本人による「アキラボーイのデジタルショー」(先着290名)を開催。ぜひ家族で見に行こう。
 舞台 白河市
FUKUSHIMA 白河版オペラ
魔笛 全2幕
 国内外で活躍するプロの音楽家や演奏家に加え、オーディションで選ばれた地元の子どもたちや合唱団が出演。モーツァルト晩年の傑作を白河版にリメイクして届ける。チケットはお早めに。
 音楽イベント 福島市
第10回声楽アンサンブルコンテスト全国大会
 「感動の歌声 響け、ほんとうの空に。」をテーマに開催。全国から集まったトップレベルの団体が美しい歌声を披露する。3月17日(金)は中学校部門、18日(土)は高等学校部門、19日(日)は一般部門、20日(祝)は各部門の金賞受賞団体による本選を行う。また、特別企画としてテノール歌手・樋口達哉氏とソプラノ歌手・醍醐園佳氏によるスペシャルコンサートも実施予定。
 その他 丸森町
春の企画展「齋理の雛まつり」
 雛人形や吊るし飾り、タペストリー、創作人形などを展示する。また3月5日(日)はアイリッシュハープのコンサート、12日(日)は「雛のお茶会」(参加費100円)など体験企画も楽しめる。
 アート 仙台市
ドラマ・ウィズ・ミュージック
~井上ひさしの音楽世界 井上ひさし資料特集展vol.6
 小説家・劇作家、そして「ひょっこりひょうたん島」「ムーミン」などアニメ主題歌の作詞家としても知られる井上ひさし。今回は舞台作品の楽譜資料や音楽に関する原稿などを展示し、彼の生涯を「音楽」の視点からたどる。3月19日(日)13時30分からは「井上ひさしが作詞した音楽たち」と題したミニ合唱コンサート(入場無料)も開催。鑑賞希望の方は電話で事前申し込みを。先着50名。
 アート 須賀川市
DNPグラフィックデザイン・アーカイブ収蔵品展Ⅶ:松永真ポスター展
 現代の日本を代表するグラフィックデザイナーの一人・松永 真氏。「生活すべてがデザインである」という信条のもと生み出された多彩な作品の中から、ポスターやヒット商品のパッケージなどを紹介する。4月22日(土)14時からは、松永 真氏本人による記念ギャラリートークも開催予定(参加・入館無料)。
 アート 本宮市
第10回本宮市写真コンクール作品展
 10回目となる今回のコンクールは、「風景ふれあい部門」「祭り部門」「安達太良ビュー部門」「市民部門」に分けて一般の方から写真を募集。入賞した作品を中心に、全応募作品を展示する。「フォト倶楽部 四季」による作品展(24点)も同時に開催。
 アート 新潟市
マリメッコ展
-デザイン、ファブリック、ライフスタイル
 フィンランドを代表するデザインハウス「マリメッコ」の大規模な巡回展。ファブリック約50点、ヴィンテージドレス約60点、デザイナーのスケッチなど約200点以上を展示する。また著名デザイナーへのインタビュー、ヘルシンキのマリメッコ本社にあるプリント工場の様子など、展覧会のために撮り下ろされた映像も公開。招待券のプレゼントもあり。詳細はP146を。
 アート 仙台市
ルノワール展
 フランスの印象派の画家、ピエール・オーギュスト・ルノワール。今回は「バレリーナ」「二人の浴女」などの人気作品が国内外から集結。ルノワールの魅力を余すところなく紹介する。柔らかい光や、幸せな情感にあふれた貴重な作品をぜひ観に行こう。また、期間中は講演会や美術講座も実施予定。展覧会招待券の読者プレゼントもあり!詳細はP150をチェック。