1. Home
  2. イベント
  3. 今年は二本松市と南相馬市を繋いで開催!『福島ビエンナーレ』

今年は二本松市と南相馬市を繋いで開催!『福島ビエンナーレ』

  • 情報掲載日:2018.10.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
高村智恵子の生家で行われた、小松美羽の公開制作の様子(2016年「重陽の芸術祭」)
高村智恵子の生家で行われた、小松美羽の公開制作の様子(2016年「重陽の芸術祭」)

福島大学絵画研究室が中心となって2004年から開催してきた芸術祭『福島ビエンナーレ』。今年は、二本松市の「重陽(ちょうよう)の芸術祭」、そして新たに南相馬市で開かれる「海神(わだつみ)の芸術祭」を各地域の実行員会と連携して開催される。

福島県内はもちろん、国内外で活躍するアーティストが多数参加。計13会場で、81人の芸術家が展示やワークショップを行う。詳細は各芸術祭Facebookで確認を。

【参加アーティスト】
浅尾芳宣(福島ガイナックス)/荒井 経/今井トゥーンズ/榎倉康二/遠藤ミチロウ/岩根 愛/大野一雄/大野慶人/大山忠作/オノ・ヨーコ/岡部昌生/開発好明/灰原千晶/木下史青/駒井哲郎/君平/小松美羽/斎藤岩男/サガキケイタ/佐々木真紀子/島尾敏雄/島尾ミホ/鈴木樹里/鈴木美樹/高村光太郎/高村智恵子/舘形比呂一/俵典子/千葉菜穂子/手塚治虫/二瓶野枝/中川幸夫/埴谷雄高/坂内直美/平山素子/福井利佐/藤井光/古川弓子/ヤノベケンジ/吉増剛造/若木くるみ/ワタリドリ計画/渡辺晃一/ワタナベサオリ/Md,タリカット/ドミニク・アリアディエール/カザリス・アラン/ブリジット・カーナルグエン/ミュリエル・リガール/フィリップ・ブロッケン/セシル・ブライス/ヘイデン・センター/ジェローム・パウエル/福島大学(菅野真理子、齋藤友希、白岩勇磨、高橋花帆、小林 純) 他

【上映映画】※「朝日座」にて無料上映
10月13日(土)
・10:00〜「Knoflik~小さい大きな贈りもの~」
・11:00~「ストップモーションアニミズム」
・15:00~「ドルチェ-優しく」
10月14日(日)
・14:00〜「華 いのち 中川幸夫」
10月20日(土)
・13:00~ ドキュメンタリー映画「MARCH」
・15:00~「浜辺のまち」
10月21日(日)
・13:00~「詩的共鳴~POETICRESONANCE~」
・14:30〜 「KUROZUKA 黒塚 3部作」
10月27日(土)
・11:00~「海辺の生と死」
・14:30~「ASAHIZA」
10月28日(日)
・11:00~「生きてこそ」
・14:30〜 「SHIDAMYOJIN シダミョウジン」

Information

福島ビエンナーレ2018
【二本松市】重陽の芸術祭
【南相馬市】海神の芸術祭
開催期間
【二本松市】2018年9月9日(日)、10月13日(土)~11月4日(日)
【南相馬市】2018年10月13日(土)~28日(日)の土・日曜日
※開館時間は会場により異なる
会場名
二本松市、南相馬市内各所
料金
入場無料
※二本松市智恵子記念館、大山忠作美術館、南相馬市博物館は要入館料
問い合わせ先
福島ビエンナーレ実行委員会
問い合わせ先
電話番号
0243-61-3100
リンク
重陽の芸術祭Facebook
海神の芸術祭Facebook

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS