1. Home
  2. イベント
  3. 光が織りなすイルミネーション!美しく幻想的な冬の「あぶくま洞」へ

光が織りなすイルミネーション!美しく幻想的な冬の「あぶくま洞」へ

  • 情報掲載日:2018.11.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
昨年のイルミネーション「緋桜物語」。冬に咲く美しい緋桜が浮かびあがり、暖かな春が待ち遠しくなる。予定していた期間を延長して公開された
昨年のイルミネーション「緋桜物語」。冬に咲く美しい緋桜が浮かびあがり、暖かな春が待ち遠しくなる。予定していた期間を延長して公開された

2014年に始まった田村市滝根町「あぶくま洞」のイルミネーション。第一弾のテーマ「竹取物語」から、第二弾「花物語」、第三弾は併設されている星の村天文台とコラボレーションしたテーマ「宇宙(そら)物語」と毎年テーマを変え、光が作る世界が訪れる人を楽しませてきた。

色とりどりの竹灯が並んだ第一弾の「竹取物語」。2014年から継続して「光の回廊」は設置され、来場者を温かく迎え入れる
色とりどりの竹灯が並んだ第一弾の「竹取物語」。2014年から継続して「光の回廊」は設置され、来場者を温かく迎え入れる
バルーン装飾により、壮大な宇宙をイメージした2016年の「宇宙物語」
バルーン装飾により、壮大な宇宙をイメージした2016年の「宇宙物語」

第四弾となる昨年は、FSGカレッジリーグJO-BI国際ビジネス公務員大学校と田村市とあぶくま洞が連携し、学生がテーマ、デザイン、装飾を考案。テーマを「緋桜(ひざくら)物語」として冬に咲く緋桜をモチーフに田村市の春咲きの桜へと誘うストーリーを描き出した。

今年は海をモチーフにイルカやクラゲなどが洞内に浮かび上がる
今年は海をモチーフにイルカやクラゲなどが洞内に浮かび上がる
「ぜひ、見に来てください」と学生の皆さん。写真左から石井和磨さん、遠宮尚輝さん、桑名詩織さん、一ノ瀬恵輔さん。学科も出身地も異なる学生たちが協力して取り組んだ
「ぜひ、見に来てください」と学生の皆さん。写真左から石井和磨さん、遠宮尚輝さん、桑名詩織さん、一ノ瀬恵輔さん。学科も出身地も異なる学生たちが協力して取り組んだ

第五弾となるこの冬も、昨年に続き、同校のオフィスビジネス科と会計ビジネス科の学生4名が中心となって来場者を楽しませるアイデアを盛り込んだ。「あぶくま洞内をイルカやクラゲが泳ぐ海の中にいるような不思議な世界を体感してください。写真映えするスポットも用意しました」とメッセージ。夏から構想を練り、これまでのテーマやモチーフと印象を大きく変えることとファミリーやカップルなどあらゆる年代の人にも楽しんでもらえるように工夫したという。

また、期間中は洞内コンサートなどのイベントも開催される。夏とは違った表情を見せる、光に彩られた冬のあぶくま洞へ出かけてみては。

Information

あぶくま洞イルミネーション
開催期間
2018年12月1日(土)〜2019年2月28日(木)8:30 〜16:30
会場名
あぶくま洞
会場住所
休み
年中無休
料金
入洞料:大人1,200円、中学生800円、小学生600円
※探検コース別途200円
問い合わせ先
あぶくま洞管理事務所
問い合わせ先
電話番号
0247-78-2125
リンク
http://abukumado.com

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS