FITフォトコンFITフォトコン FITフォトコン
  1. Home
  2. イベント
  3. 東北における狼信仰を探る!福島県の資料も多数展示

東北における狼信仰を探る!福島県の資料も多数展示

  • 情報掲載日:2018.11.19
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
『狼像がある祭礼用の幕』(部分)、明治27年、 福島県南相馬市小高区吉名の山津見神社
『狼像がある祭礼用の幕』(部分)、明治27年、 福島県南相馬市小高区吉名の山津見神社

江戸時代後期から山神の使いと信じられた狼。盗難除け、山仕事の安全、害獣除けなどに御利益があると、古くから信仰されてきた。

今回は福島県相馬郡飯舘村に本社がある「山津見神社」分霊社の資料も多数展示。狼の木像や石像などの実物資料や埼玉県秩父市に本社がある「三峯神社」分霊社を写真パネルで紹介している。

12月8日(土)10時からは職員による展示解説会を行う(事前申し込み不要)。

Information

企画展 再び、オオカミ現る!-東北地方の狼信仰-
開催期間
2018年10月19日(金)~12月19日(水)9:00~17:00(入室は~16:30)
会場名
村田町歴史みらい館1F 企画展示室
会場住所
休み
毎週月曜日
料金
観覧無料
問い合わせ先
村田町歴史みらい館
問い合わせ先
電話番号
0224-83-6822

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS