1. Home
  2. イベント
  3. 福島県立美術館が所蔵するコレクションの魅力を再発見

福島県立美術館が所蔵するコレクションの魅力を再発見

  • 情報掲載日:2019.01.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
勝田蕉琴《煙る小雨》1922年
勝田蕉琴《煙る小雨》1922年

今まで紹介できなかった作品や新収蔵作品を中心に展示する『Gallery F』。今回は、1919年4月、福島県出身の日本画家が東京で結成した美術団体「福陽美術会」の結成100年を記念し、所蔵作品から活動を振り返る「福陽美術会100年」を開催。

また、福島東高校の生徒たちが、テーマを元にアートカードを展示する小さな展覧会「アートカード★チャレンジ」もあり。関連イベントの詳細はHPで確認を。

Information

Gallery F 2019 コレクション再発見
開催期間
2019年2月9日(土)~3月10日(日)9:30~17:00(入館は~16:30)
会場名
福島県立美術館
会場住所
休み
2019年2月12日(火)・18日(月)・25日(月)、3月4日(月)
料金
観覧無料
問い合わせ先
福島県立美術館
問い合わせ先
電話番号
024-531-5511
リンク
https://art-museum.fcs.ed.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS