【12月1日(日)開催!】「CJ WOMAN FESTA」に協賛、ブース出店いただける企業・お店を募集中です!【12月1日(日)開催!】「CJ WOMAN FESTA」に協賛、ブース出店いただける企業・お店を募集中です! 【12月1日(日)開催!】「CJ WOMAN FESTA」に協賛、ブース出店いただける企業・お店を募集中です!
  1. Home
  2. イベント
  3. “避難”に着目した震災遺産展を会津若松市で開催。防災講座なども

“避難”に着目した震災遺産展を会津若松市で開催。防災講座なども

  • 情報掲載日:2019.01.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
「津波によって変形したパトカー」(富岡町)
「津波によって変形したパトカー」(富岡町)

福島県立博物館が中心となった「ふくしま震災遺産保全プロジェクト」より、“避難”に着目した震災遺産を、写真などを含め紹介。あの日、何が起きたのか、いま何が起きているのか考える場となるように、避難することで生まれたモノやコトに着目して展示を行う。また、福島県内のみならず福島県外への避難についても展示する。開催中は、親子で参加できる防災講座や、展示解説会なども行う。詳細は下記リンクから確認を。

Information

平成30年度 特集展 震災遺産を考える
開催期間
2019年2月16日(土)~4月11日(木)9:30~17:00(入館は~16:30)
会場名
福島県立博物館 企画展示室
会場住所
休み
毎週月曜日、3月22日(金)
料金
観覧無料
※常設展は、一般・大学生270円、高校生以下無料
問い合わせ先
福島県立博物館
問い合わせ先
電話番号
0242-28-6000
リンク
http://www.general-museum.fks.ed.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS