「わたしの郡山」インスタグラムフォトコンテスト作品投稿スタート!「わたしの郡山」インスタグラムフォトコンテスト作品投稿スタート! 「わたしの郡山」インスタグラムフォトコンテスト作品投稿スタート!
  1. Home
  2. ライフ
  3. 第21回 カフェに学ぶおウチインテリア〜その8〜

住まいと暮らしのたね。

第21回 カフェに学ぶおウチインテリア〜その8〜

おいしいものを涼しいカフェでいただくのが至福に感じる季節になりましたね。家づくりの本編集部スタッフが見つけた、家づくりの参考にしたい素敵なカフェを紹介します。

  • 情報掲載日:2019.06.05
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

木のぬくもりに囲まれた居心地よいカフェ

JR磐越西線「郡山富田駅」の近く、線路の目と鼻の先にあるのがカフェ『Voix de Coueur (ヴォア ドゥ クール)』。朝食にランチにディナー、多様なシーンで利用されている人気のお店です。

入口のドアを開けると、そこには植物でびっしり覆われた壁がお出迎え。でもこれ、実はすべてイミテーション。本物と見間違えるほどよくできているので、一気にお店の空気に引き込まれてしまいます。

客室スペースは、「グループで楽しめる席」「おひとり様でくつろぐ席」「子ども連れで楽しめる席」と、大きく3つのエリアに分けられています。エリア分けすることで、目的が異なる人同士が同じ空間にいても、思い思いの時間を過ごすことができるとのこと。写真のおひとり様のスペースは、落ち着きある黒壁を採用したカウンター席になっていました。

ムク材をふんだんに使用した店内では、内装に合わせてセミオーダーした手触りの良い家具が迎えてくれます。飛騨高山産の天然木で作られたイスは、座り心地の良さが抜群。また、テーブルとイスは、「自宅のリビングでくつろいでいる感覚で楽しんでいただきたい」との思いから、一般家庭のリビングテーブル並みの低さに設定してあるという気配りが施されていました。

厨房のカウンターの壁面には、彫り加工したムク材を採用。照明が創り出す影が、やわらかい印象をもたらしてくれます。

工夫された空間作りで居心地の良さを演出

キッズスペースを備えた2階席は、子ども連れのためのスペース。吹き抜けに面した部分は、落下事故を防ぐ意味で木製ルーバーを採用。さらに隙間からモノを落とさないように、強度のある半透明のプラスチック素材で中間の位置まで覆ってありました。

店長さん曰く、「寝る前にベッドの中で、今日行ったあの店で過ごした時間は楽しかったな」と思ってもらえるのが理想なのだとか。内装やインテリアのこだわりも、その延長線上にさりげなく施されているもの。その考えは、自宅の空間づくりにも共通するものではないでしょうか。

最後にメニューの紹介も。ランチタイムのセットは「日替わりランチ」(1,080円)をはじめ、全部で10種類ほど。年間通じて人気なのが国産牛肉をホロホロになるまで煮込んだ「ビーフシチューセット」(写真・1,404円)。食後には、一杯ごとに豆を挽く自家焙煎のコーヒー(432円~)を。パティシエが作る約10種類のデザートも揃っています。ぜひ、足を運んでみてはいかがですか?

Information

Voix de Coueur(ヴォア ドゥ クール)
住所
電話番号
024-973-6603
営業時間
9:00~22:00(21:30ラストオーダー、ランチは11:00~15:00ラストオーダー)
※土・日曜祝日は7:00~
休み
第1・3水曜日(祝日の場合は翌日休み)
駐車場
17台

関連記事

SNS