1. Home
  2. スペシャル
  3. 福島市出身の脚本家・持地佑季子さんが初の小説を出版!インタビュー&小…

福島市出身の脚本家・持地佑季子さんが初の小説を出版!インタビュー&小説プレゼント!

福島市出身の脚本家・持地佑季子さんがご来室。映画『青空エール』『くちびるに歌を』『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』の脚本も手掛けてきた持地さん。2018年8月に自身初となる小説『クジラは歌をうたう』を出版!作品に込めた想いなどを聞いてみました。

  • 情報掲載日:2018.10.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

―小説『クジラは歌をうたう』発売、おめでとうございます!これまでは主に映画の脚本家として活躍されてきましたが、小説を書くに至った経緯をお聞きしたいです。

持地「脚本というのは受注があってから書くことが多いんですけど、自分で発信したい、どうしても書きたいものがあったので、小説にしてみようと思いました。
2011年に、山﨑賢人さん主演の『管制塔』というショートムービーを作ったんですけど、その話をもっと長くできないかな、って考えていたことがスタートですね」

―“書きたいもの”とは?

持地「ちょうどその『管制塔』が公開になる直前に震災があって。その頃、Twitterをやっていて、私のプロフィールに「福島県」って書いてあったからか、福島県の男の子がフォローしてくれていたんです。震災が起きた後、「そういえば福島県の子がいたな」と思い出して見てみたら、3月11日から更新が止まっていて。その後も何度か見てみたんですけど、何日経っても、何ヵ月経っても更新されないんです。それが結構ショックで。もし、亡くなっていたとしても、誰かが消さない限りずっと残り続けていく……SNSとかブログとか、ネットって結構残酷だなぁ、これじゃ忘れられないなぁ、と思ったんですよね。

その後に、父親の27回忌があったんですけど、27年も経っていると、みんなもう父のことを思い出として話していて。悲しい、というより「あんなこともあったよね」という感じ。誰かが亡くなっても、時間が経てば思い出になっていくんだなと思いました。
その時期のいろんな出来事が重なって、“亡くなった人を思い出にすることは悪いことじゃない”っていうことをテーマに書きたいと思ったんです」

―持地さんの実体験から生まれた想いが、この1冊に込められているんですね。脚本と小説を書くときの違いはありましたか?

持地「脚本って基本的に関係者しか読まないので、そんなに文章を練らないんです。分かりやすくすることが大事。「こっちを向いた」とか「笑っている」とか。小説は、いろんな人が見るじゃないですか。だから表現方法が全然違いましたね。あと心の中の気持ちは脚本に書けないんですけど、小説だと書けるので、どうやって表現しようかなぁ、と考えながら書きました。小説書きながら脚本の仕事も並行していたので、それが大変でした」

―どんな方に読んでもらいたいですか?

持地「小説の中に17歳のシーンと、30歳のシーンがあるんですけど、17歳の頃に『死んだ人を忘れたりしない』って思っていても、いろいろ人生を重ねて30歳になったときに、『忘れてもいいんだ。思い出にしてもいいんだ』って思えることもある。それってやっぱり年齢を重ねてこないと分からないことで。そういうことで悩んでいる子がいると思うんですよね。自分もそうだったので。そんな子達に届けば良いなと思ってます」

『クジラは歌をうたう』 著:持地佑季子  集英社文庫刊  ISBN:978-4-08-745782-7  本体640円+税
『クジラは歌をうたう』 著:持地佑季子 集英社文庫刊 ISBN:978-4-08-745782-7 本体640円+税

―なかなかない機会なので、持地さんが脚本家になろうと思ったきっかけも知りたいです。

持地「中学生の頃に見ていた、木村拓哉さんと中山美穂さん主演の『眠れる森』というドラマが、めちゃくちゃ面白かったんですよ。エンドロールのテロップで、一番最初に脚本家・野沢 尚(のざわひさし)さんの名前が出てきて。『この人が書いたんだ!』と。野沢 尚さんに憧れたのが、脚本家になりたいと思ったきっかけですね」

―脚本家になるまで、どんな道のりがあったんでしょうか?

持地「脚本家にどうやってなったらいいのか分からなかったし、美術家になる夢もあったので、大学は美術系に入りました。でも周りがすごすぎて中退しちゃって。脚本家になるために、とりあえず業界に入ろうと思ってテレビ局に就職して、バラエティー番組のADとかやってました。すごく楽しかったんですけど、勤めて3年くらいのときに『そうだ、自分は脚本家になりたかったんだ』と思い出して(笑)、テレビ局を辞めて、法律事務所で働きながら脚本の学校に通い始めました。

2008年に『フジテレビヤングシナリオ大賞』で佳作を受賞して、その後『函館港イルミナシオン映画祭』のシナリオ大賞でも最終まで残りました。それがきっかけで、三木孝浩監督に出会って、一緒に『管制塔』を作ったのが脚本家としてのデビューですね」

―これまで手掛けてきたものは「青春もの」が多いですね。

持地「三木監督との出会い、作品との出会いもありますけど、好きなんでしょうね、青春ものが(笑)。反抗期だったからかなぁ。やり残したことがあるのかも」

―今後の展望など、教えていただけますか。

持地「脚本家としては、映画はもちろん、ドラマもやってみたいですね。これまで原作があるものが多かったので、原作なしの作品を作ってみたい。
小説家としては、いろんなものを書いていきたいなぁ。小説って脚本より自由で、何でもありなんですよ。まだまだいっぱい書きたいものがあるので、それを全部形にできたらいいなと思います。

脚本でも小説でも、福島を舞台にしてみたいっていうのは、一つの目標としてあります。福島が舞台の青春物語とか、面白そうですよね。今回の小説は夏の沖縄が舞台だったので、自分の思い出も盛り込みつつ、冬の福島を舞台に書いてみたいです」

小説『クジラは歌をうたう』を2名様にプレゼント!

フォームよりご入力いただきました個人情報に関しましては、当社の「個人情報保護方針」に従って適切に利用いたします。また、当選の発表は商品の発送に代えさせていただきます。
※メールフォームに入力後、送信ボタンを押すと、確認のための自動返信メールが送付されます。パソコンメールの受け取りを拒否されている方は、「cjnavi.co.jp」からのメールをドメイン指定受信で受け取れますよう設定をお願いいたします。

■応募締切:2018年11月24日(土)

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS