1. Home
  2. おでかけ
  3. 社までの階段に垂れる真っ赤な絨毯

フォトジェニックな福島

社までの階段に垂れる真っ赤な絨毯

第四回 耶麻郡猪苗代町・土津神社

  • 情報掲載日:2017.10.20
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)

 大河ドラマ「八重の桜」で綾野 剛が演じた松平容保公が京都より移植したイロハモミジや、イチョウ、ヤマモミジ、ハウチワカエデが真っ赤な絨毯を作る。
 一段一段と、落葉を踏みしめながら登った先のひなびた神社は、創建当初は「日光東照宮」に並び称されるほどだったのが、戊辰戦争で消失してしまったそう。
 「先の戦争」と言えば戊辰戦争だという会津の人にとって、土津神社の落葉に初雪が積もる様は、思わず無言になってしまう景色だろう。


■Hanitsu shrine(Inawashiromachi Yama-gun) is famous for the beauty of autumn leaves such as Acer Palmatum that planted by Katamori Matsudaira(nineth lord of Aizu Domain).The shrine had been rated highly along with "Nikko Toshogu Shrine"since its establishment,but it vanished in Boshin War of 1868-69.
Hanitsu shrine is important for residents of Aizu,who says that war is about Boshin War.

関連記事

SNS