1. Home
  2. おでかけ
  3. この秋のおすすめ!福島県内の気になるおでかけスポット6選

この秋のおすすめ!福島県内の気になるおでかけスポット6選

福島の"この地ならでは"の味覚や、立ち寄りスポット、イベント情報をご紹介。ぜひ、秋のおでかけにお役立てください。

  • 情報掲載日:2018.09.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【小野町】「黒にんにく」や希少な自然卵風土が育んだ味が揃う町

小野町が新たな特産品にしようと、2013年より販売を開始した「黒にんにく」。土壌を分析し、適正なミネラル資材などでバランスのとれた健康な土づくりから始まるミネラル栽培。その「中嶋製法」により育てたニンニクを1ヵ月ほど乾燥させ、熱を加えて熟成させることで、やわらかさと黒糖のような甘さを引き出した。

【矢祭町】季節の移り目に楽しむ旬の味覚「ゆず」色、香り、栄養価ともに満点の逸品

秋には、滝川渓谷、矢祭山など福島県内外から多くの観光客で賑わう風光明媚な紅葉スポットを有する矢祭町。足を運んだ際に、ぜひ一度味わって欲しいのが町特産のゆずだ。
町内ではすでに多種多様な加工品を販売。果肉をそのままくり抜いて容器にし、香りが存分に楽しめる「ゆずシャーベット」、さわやかな香りの「ゆず味噌おでん」もおすすめだ。11月から12月にかけ迎える収獲の最盛期。現在も開発中という新商品の登場に今後も期待したい。

【猪苗代町】人気菓子店が集結した猪苗代町最大級のスイーツイベント開催

おしゃれなカフェが続々オープンし“スイーツの町”として注目を集める猪苗代町で、大好評のスイーツイベントを今年も開催。地元で人気の和・洋菓子店の絶品スイーツが集結し、参加店のスイーツを1店1個、合計9個味わえる(生菓子以外は持ち帰りも可能)。前売り券(1,700円・各部先着120枚)は猪苗代町商工会と猪苗代観光協会、参加店舗で発売。

【郡山市】コルシカ島の小さなドメーヌから直輸入のワインが味わえる『イル・ド・ボーテ』

この希少なコルシカ島のワインを、日本国内で販売できるのは『イル・ド・ボーテ』のみ。手頃な価格で楽しめるようにと、仲介業者を通さずに直輸入している。福島県内と宮城県にある「ヨークベニマル」の30店舗で購入できる(店舗により販売種類は異なる)。その日の夕食に合わせて食材を買いながら、ワイン選びも気軽に楽しみたい。

【天栄村】料理自慢の古民家宿『分家』で山の恵みを心ゆくまで味わう

築150年を数える伝統的な曲家造りが訪れる人の郷愁を誘う『分家』は、江戸末期創業の料理旅館。全8部屋の客室は、それぞれにしつらえも異なり、喧騒を忘れてのんびり過ごすことができることからリピーターも多い。総檜の浴槽が風情を醸し出す風呂は、岩瀬湯本温泉の源泉を贅沢にかけ流し。「美肌の湯」としても知られ、湯上がり後もポカポカと温かさが持続するのが特徴だ。

【本宮市】花と歴史の郷 蛇の鼻

樹齢100年を超えるカエデをはじめとした数百本の木々が一斉に色づく『蛇の鼻』。2018年新たに整備された散策路を歩きながら、錦織り成す園内を満喫したい。2018年10月28日(日)から11月25日(日)にかけては「もみじ祭り」も開催。鉢植えの菊の即売会やフォトコンテストが行われる。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS