日刊シティ情報ふくしまWebリリース告知月刊シティ情報ふくしまリニューアル告知 SP用Web・CJ告知
  1. Home
  2. イベント
  3. 古来から続く「重陽の節句」を最先端アートで紡ぐ芸術祭!

古来から続く「重陽の節句」を最先端アートで紡ぐ芸術祭!

  • 情報掲載日:2017.09.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
〈小松美羽「智恵子へ 祈り」2016年.墨.金泥.上川崎和紙〉昨年智恵子の生家で公開された小松美羽の展示風景。今年は刺繍作家・清川あさみの新作を展示
〈小松美羽「智恵子へ 祈り」2016年.墨.金泥.上川崎和紙〉昨年智恵子の生家で公開された小松美羽の展示風景。今年は刺繍作家・清川あさみの新作を展示

 地域文化に触れる機会や国際交流を活性化させる場所として2016年から始まった現代アートの祭典『重陽の芸術祭』。開催初日となる2017年9月9日(土)は「重陽の節句」と言われ、日本酒に菊を浮かべて不老長寿を願う日。今回は「重陽」を主軸に、夢枕獏と京極夏彦、東雅夫を招いたシンポジウム「黒塚」や福島県出身の二瓶野枝によるダンスパフォーマンス、福井利佐や月岡芳年、手塚治虫、浅尾芳宣(福島ガイナックス)、オノ・ヨーコ、鈴木美樹などの作家による展示を楽しめる。芸術監督は福島大学教授の渡邊晃一が務める。

【参加アーティスト】
浅尾芳宣(福島ガイナックス)、伊藤有壱、岩根愛、大山忠作、大山采子、オノ・ヨーコ、清川あさみ、 京極夏彦、小松美羽、佐藤雅子、高村光太郎、高村智恵子、月岡芳年、手塚治虫、二瓶野枝、東雅夫、福井利佐、古田晃司、夢枕獏、ヤノベケンジ、和合亮一、渡辺晃一(福島大学)、ワタリドリ計画(麻生知子、武内明子)、Dillon Rapp、J.Pouwels、他  

ヤノベケンジ「SHIP’S CAT」
ヤノベケンジ「SHIP’S CAT」
切り絵作家・福井利佐による作品
切り絵作家・福井利佐による作品

Information

重陽の芸術祭2017
開催期間
2017年9月9日(土)~11月23日(祝)
※各会場により、時間・料金は異なる。詳細はHPへ
会場名
智恵子の生家、安達ヶ原ふるさと村、二本松城、国田屋醸造 千の花、道の駅「安達」智恵子の里(下り線)、他
問い合わせ先
重陽の芸術祭実行委員会(二本松市振興公社)
問い合わせ先
電話番号
0243-61-3100
リンク
http://2017.fukushima-art.com/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS