1. Home
  2. イベント
  3. 桜の香りに誘われて、春爛漫の城下町をめぐる

桜の香りに誘われて、春爛漫の城下町をめぐる

  • 情報掲載日:2018.03.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
岳温泉の「桜坂」。満開時には道が左右の並木に覆われて桜のトンネルに。「鏡ヶ池」まで下って振り返ると、残雪の安達太良山と桜が水面に映る。池辺にはミズバショウの花も
岳温泉の「桜坂」。満開時には道が左右の並木に覆われて桜のトンネルに。「鏡ヶ池」まで下って振り返ると、残雪の安達太良山と桜が水面に映る。池辺にはミズバショウの花も

 古くは城下町として栄えた二本松市は安達太良山、岳温泉、菊人形、日本酒、和菓子など、四季を通して魅力がいっぱい。なかでも春は、「合戦場(かっせんば)のしだれ桜」に代表される名桜が数多く点在することで注目されている。4月上旬に旧市内や安達地区で咲き始め、その後に岩代・東和地区、岳温泉と約1ヵ月間、観桜が楽しめる。

三春滝桜の孫と伝わる「合戦場のしだれ桜」
三春滝桜の孫と伝わる「合戦場のしだれ桜」

 岳温泉「ヒマラヤ通り」から「鏡ヶ池」に伸びる「桜坂」の並木も見どころのひとつ。標高が高いため、例年ゴールデンウィーク直前まで花見を楽しめる。
 二本松随一の花見スポット「霞ヶ城公園」には、4月上旬になると約2,500本の桜が咲き誇る。本丸跡の天守台から城下を見下ろせば、一国一城の主になったような気分が味わえるかも。「万燈桜(まんとうざくら)」は、道の駅「安達」下り線の敷地内にある一本桜で、4月上旬が見頃。近年人気が高まっている「合戦場のしだれ桜」と「中島の地蔵桜」の見頃はどちらも4月中旬。場所も近いので、一緒に回りたい。

夜間、ライトアップされた「中島の地蔵桜」が手前の水田に映る姿は一見の価値あり
夜間、ライトアップされた「中島の地蔵桜」が手前の水田に映る姿は一見の価値あり

 ほかに二本松市内にはクマガイソウ、ツツジ、アジサイなどのオープンガーデンもあり、初夏まで花めぐりが楽しめる。4月上旬から桜の名所を中心に市街地を巡回する臨時バスもJR二本松駅から運行予定。詳細は観光連盟HP(桜の開花&オープンガーデン情報も発信予定)で確認を。

霞ヶ城公園の桜まつり

【開催期間】2018年4月5日(木)~5月6日(日)

 「日本さくら名所100 選」にも選ばれている霞ヶ城公園では、約1 ヵ月にわたり桜まつりが行われる。期間中、広場には売店も並び、昔ながらの花見の宴を楽しむ人々で終日賑わいを見せる。午後6 時から10 時までは、ライトアップも実施。公園を覆うようにぼんぼりが灯り、幻想的な夜桜が楽しめる。

問い合わせ/二本松市観光連盟(二本松市観光課内) 
電話/0243-55-5122
http://www.nihonmatsu-kanko.jp/
■岳温泉・桜坂 二本松市岳温泉一丁目地内 
■ 霞ヶ城公園 二本松市郭内三丁目地内
■万燈桜 二本松市米沢字川原田地内
■合戦場のしだれ桜 二本松市東新殿字大林地内
■中島の地蔵桜 二本松市針道字中島地内

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS