1. Home
  2. イベント
  3. 【福島県内・隣県】花火大会カレンダー2018

【福島県内・隣県】花火大会カレンダー2018

福島県内・隣県で開催される注目の花火大会をご紹介!開催概要など詳細は、各花火大会の写真をクリックしてチェックしよう。ぜひ夏のレジャー計画に役立ててね♪

  • 情報掲載日:2018.07.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

7月28日(土)『第40回ふくしま花火大会』

 福島市の夏の風物詩、『ふくしま花火大会』が7月28日(土)に行われる。今年のテーマは「未来への飛び立ち〜元気あふれるふくしまへ!〜」。厄払いや祈願成就を込めた縁起花火、企業の記念花火をメッセージとともに空高く打ち上げる。

7月28日(土)『第53回湖まつり』

 郡山市湖南町で開催される「第53回湖まつり」。魚つかみ体験、タライ舟体験の他、水上遊具など企画いっぱい!ステージでは、郡山市出身のアーティストなどのライブや、地元の子どもたちによる吹奏楽の演奏などが楽しめる。

8月2日(木)・3日(金)『長岡まつり大花火大会』

 歴史と伝統を持つ新潟県最大規模の花火大会。尺玉(10号玉)を惜しみなく打ち上げる圧倒的なスケールにファンも多い。見どころは、直径650mもの大輪となる「正三尺玉」やナイアガラ、ミュージック付きスターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」。

8月4日(土)『第65回いわき花火大会』

 2018年は「港に咲く、百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」をテーマに開催。約12,000発の花火がいわきの夜空を彩る。太平洋に映る花火が楽しめるのも、海辺ならでは。当日は泉駅から有料シャトルバスが運行予定。

8月4日(土)・5日(日)『第42回沼沢湖水まつり』

 大蛇退治の伝説が残る沼沢湖。毎年8月に、その伝説を模した祭りが2日間にかけて行われる。1日目のクライマックスは、湖に大蛇が出現する水上花火大会。暗い海の上で、花火に照らされる大蛇の妖しく艶やかな姿は必見。

8月5日(日)『第49回仙台七夕花火祭』

 「彩り~笑顔溢れる仙台(まち)~」をテーマに、約16,000発の花火が打ちあがる。立町歩道橋上での打ち上げ前のカウントダウンや西公園内でのイベントも開催予定。

8月5日(日)『おおたま夏祭り』

 大玉村の夏の風物詩とも言える『おおたま夏祭り』。空から村を一望するヘリコプター遊覧(有料)も実施。夕方からは南米音楽や盆踊りが祭りを盛り上げ、客席から間近の距離で打ち上げる圧巻の花火でフィナーレを迎える。

8月12日(日)『伊達のふる里夏まつり大花火大会』

 茶臼山から上がる約5,000発の花火が夜空を彩る。18時からはとうろう流しもあり。当日の日中は「やながわ踊り流し」やダンスステージなども楽しもう。

8月13日(月)『2018いなわしろ花火大会「一期一会」』

 野口英世が黄熱病研究のためエクアドル共和国へ渡航してから100年。また、日本とエクアドル共和国の国交樹立100周年を記念して約3,000発の花火を打ち上げる。会場には屋台が並び、ステージイベントなども。

8月14日(火)『第47回あさか野夏まつり花火大会』

 趣向をこらした約1万発の花火が安積の夜空を彩る。広大なオープンスペースで、くつろぎながら花火鑑賞を満喫しよう。また、田園の中での打ち上げになるので視界を遮る物がなく、360度どこからでも楽しめる。

8月15日(水)・16日(木)『本宮市夏まつり』

 2018年も夢広場をメインステージに、「本宮市夏まつり」を開催!会場ではお化け屋敷やダンスなど、様々な催しやステージイベントを楽しめる。16日(木)20時からは、「もとみや みずいろ花火」も。

8月17日(金)『第36回福島とうろう流し花火大会』

 阿武隈川の両岸に大松明が並び、18時45分から約6,000個の灯ろうに点火して万燈会を行う。19時15分からは花火の打ち上げもあり。当日17時から18時までに、会場で申し込めば灯ろうに法名を入れることができる。

8月18日(土)『開設100周年記念 JRA福島競馬場 花火大会』

 2018年は、JRA福島競馬場開設から100周年!夏恒例の花火大会も打ち上げ数約6,900発と、例年よりグレードアップして開催する。花火大会当日は、昼から大人も子どもも楽しめる多彩なイベントを予定している。

8月20日(月)『第29回広瀬川灯ろう流し 光と水とコンサートの夕べ』

 江戸時代に始まった広瀬川の灯ろう流し。現在もその風習を引き継ぎながら、光と水と音の祭典として親しまれている。たくさんの灯ろうが川面に揺らめき、美しく幻想的な景色が広がる。

8月25日(土)『第40回須賀川市釈迦堂川花火大会』

 空から滝のように流れるナイアガラや音楽創作花火、有名花火師による尺玉の競演など、約1万発の花火で魅了する。40回目を記念したプログラムもあり。有料観覧席は早めの購入を。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS