1. Home
  2. イベント
  3. 上映される機会の少ない短篇映画や自主制作映画を鑑賞しよう

上映される機会の少ない短篇映画や自主制作映画を鑑賞しよう

  • 情報掲載日:2018.08.27
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
福島県出身の映画監督・今泉力哉の『赤青緑』
福島県出身の映画監督・今泉力哉の『赤青緑』

 仙台市内では上映される機会の少ない国内外の短篇映画を中心に上映する映画祭。気鋭の新作、往年の秀作達がスクリーンに集う。
 せんだいメディアテークの1階では、ボンジュール鈴木のライブや、ジャン=リュック・ゴダールの『女と男のいる舗道』の上映も行う。ルイ・マルやゴダールなど貴重なオリジナル版ポスターが並ぶ「フランス映画ポスターコレクション展」も必見だ。
 7階では、若手監督から注目の監督まで、9つの「今観るべき映画」を上映する。
 上映スケジュールなどの詳細は下記リンクから確認を。

Information

ショートピース!仙台短篇映画祭2018
開催期間
2018年9月15日(土)~17日(祝)※上映スケジュールの詳細は下記リンクから確認を
会場名
せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア、7Fスタジオシアター
会場住所

料金
前売:フリーパス4,000円(限定30セット)、3プログラム回数券2,500円(限定20セット)、プログラム別チケット1,000円(各プログラム限定30枚・ネット販売のみ、一部のプログラムを除く)
当日券:1プログラム券1,000円※当日学生証提示で高校生以下は800円

【プレイガイド】
Peatix(http://ssff2018.peatix.com/)、せんだいメディアテーク 1階 KANEIRI Museum Shop 6にて発売中
※当日券は各日10時より、7Fスタジオシアター前会場受付にて販売
問い合わせ先
仙台短篇映画祭実行委員会(19:00~21:00)
メール:info@shortpiece.com
問い合わせ先
電話番号
090-1042-5208
リンク
http://www.shortpiece.com/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS