福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. イベント
  3. 新そばの出店や、養蚕農家が舞台の創作劇、昔あそびなどが楽しめる

新そばの出店や、養蚕農家が舞台の創作劇、昔あそびなどが楽しめる

  • 情報掲載日:2018.10.22
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

秋の福島市民家園で、荒井産の新そばや、各種展示・ワークショップが楽しめる一日。園内に移築された芝居小屋「旧広瀬座」では、「劇団120〇EN」が戊辰戦争下の福島で養蚕農家として働く女性を主人公とした創作劇「絹が鳴る-西信戊辰明治譚-」を披露する。このほか、繭を使った工作、裂き織り・真綿体験、機織り実演などを行う。

休憩所で味わえる新そばは、250食限定(1食1,000円)なのでお早めに。好評の日本作刀実演や、昔あそび体験などのほか、園内の古民家を巡るスタンプラリーも開催。スタンプを集めるとガチャガチャを回して景品がもらえるので、ぜひチャレンジしてみよう。

Information

民家園ふれあい祭り
開催期間
2018年11月4日(日)10:00~15:00
会場名
福島市民家園
会場住所
料金
入場無料
※劇「絹が鳴る-西信戊辰明治譚-」は観覧料500円。他、有料のワークショップあり
問い合わせ先
福島市教育委員会文化課
問い合わせ先
電話番号
024-525-3785

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS