福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. イベント
  3. 福島市の縄文遺跡「じょーもぴあ宮畑」で野外演劇を上演

福島市の縄文遺跡「じょーもぴあ宮畑」で野外演劇を上演

  • 情報掲載日:2019.07.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

"福島に住む人々のルーツを辿る演劇集団"をコンセプトに活動する「劇団120○EN」が、福島市岡島の縄文遺跡公園「じょーもぴあ宮畑」で野外演劇を披露する。

題目は「縄文悶々土偶恋慕(じょうもんもんもんどぐうれんぼ)」。縄文の暮らしをしている村が稲作定住を受け入れるまでの物語で、公園内に再現された縄文式の竪穴住居や堀立柱建物などを背景にして上演する。

当日19時30分からは、福島市「信夫ヶ丘総合運動公園」で「第41回 ふくしま花火大会」を開催。「じょーもぴあ宮畑」は絶好の花火鑑賞スポット!夜間も公園は解放されているので、演劇鑑賞後に引き続き、"縄文遺跡での花火鑑賞"を楽しんでみては。

Information

劇団120○EN「縄文悶々土偶恋慕」
開催期間
2019年7月27日(土)17:00~18:30(予定)
※雨天時は「じょーもぴあ宮畑」内、体験学習施設内のホールで上演
会場名
じょーもぴあ宮畑
会場住所
料金
入場無料
※予約不要、先着順(席自由)
問い合わせ先
劇団120○EN
(メール/info@120en.com)
じょーもぴあ宮畑
(電話/024-573-0015

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS