福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. イベント
  3. 今年大きくリニューアル!令和最初の『福島わらじまつり』

今年大きくリニューアル!令和最初の『福島わらじまつり』

  • 情報掲載日:2019.07.24
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
長さ12mの日本一の大わらじが祭りのシンボル。「わっしょい!」の掛け声に合わせ、会場内を練り歩く
長さ12mの日本一の大わらじが祭りのシンボル。「わっしょい!」の掛け声に合わせ、会場内を練り歩く

福島市夏の風物詩『福島わらじまつり』。50回目の節目の年、総合プロデューサーに福島市で青春期を過ごした音楽家・大友良英さんを迎えて、大きくリニューアル!

8月2日(金)は「平成わらじまつり ファイナル」と銘打ち、昭和から平成にかけて行われてきた『わらじまつり』の踊り納めを行う。「平成わらじ音頭」にのせて福島市内の企業や保育園の有志全29団体2,600名以上が艶やかに踊り流す「わらじおどり」、ヒップホップ調の「わらじ音頭」で全42団体が踊り狂う「ダンシングそーだナイト」の開催は今回が最後。踊る人は精一杯楽しみ、観る人は沿道から応援しよう!21時15分頃からは「新生わらじまつり」への引継式を行う。

8月3日(土)は「新わらじまつり」の幕開け!
脚本家の渡辺あやさんによる「わらじまつり物語」にそって、祭りは展開。太鼓と笛の音にのせて「新わらじ音頭」が響き渡り、華やかな踊り手たち、大わらじが国道13号を進む。新生『福島わらじまつり』の幕開け!ぜひ体感しに行こう。

8月4日(日)は「信夫山 羽黒神社」で「わらじ奉納」が行われる。大わらじを担いだ人々が信夫山を登り、羽黒神社に奉納して祭りはフィナーレを迎える。

同日15時から「街なか広場」で「プロジェクトFUKUSHIMA!」主催の『フェスティバルFUKUSHIMA!納涼盆踊り』も開催。誰でも参加大歓迎。生演奏にのってみんなで盆踊りをしよう!大友さんと一緒に演奏したい人も楽器を持って集合!詳細はHPを(http://www.pj-fukushima.jp)。

Information

第50回 福島わらじまつり
開催期間
2019年8月2日(金)~4日(日)
※各イベントの詳細はHPで確認を
会場名
福島市街地(国道13号線、他)、信夫山 羽黒神社
会場住所
料金
参加無料
※各踊りでの参加は、事前申し込みが必要。参加費あり。詳細はHPを
問い合わせ先
福島わらじまつり実行委員会(福島商工会議所内)
※まつり当日の問い合わせ(電話/0180-99-3932
問い合わせ先
電話番号
024-536-5511
リンク
https://www.waraji.co.jp

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS