1. Home
  2. イベント
  3. 線の描写が織りなす、印象的で豊かな表現の版画作品

線の描写が織りなす、印象的で豊かな表現の版画作品

  • 情報掲載日:2021.10.20
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
線を主体とした美術表現を堪能しよう
線を主体とした美術表現を堪能しよう

「グラフィックアート」は、古典的な意味で「線的な表現で平面上にイメージをあらわした視覚芸術」を指す。そこに含まれる版画も、かつて線によってイメージを描き出すメディアだった。表現や技法の幅が広がり「線で描く」ことの意味も変化した中で、今でも線を主体とした魅力的な版画は多くある。

今回は、フランク・ステラやナンシー・グレイヴスによる線の表現が印象的な作品を展示。様々な線とそれらが織りなすイメージの魅力を感じて。

Information

線を引く:タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション展Vol.34
開催期間
2021年9月11日(土)~12月19日(日)10:00~17:00(入館は~16:45)
会場名
CCGA現代グラフィックアートセンター
会場住所
休み
毎週月曜日、祝日の翌日
料金
一般300円、学生200円
※小学生以下、65歳以上、及び障がい者手帳持参の方は無料
問い合わせ先
CCGA現代グラフィックアートセンター
問い合わせ先
電話番号
0248-79-4811
リンク
https://www.dnpfcp.jp/gallery/ccga/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS