1. Home
  2. イベント
  3. 東日本大震災から10年。記憶を風化させないためにもう一度知る展覧会

東日本大震災から10年。記憶を風化させないためにもう一度知る展覧会

  • 情報掲載日:2021.11.02
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

2011年3月11日、東日本大震災。当時16歳だった羽生結弦選手は宮城県仙台市で震災にあいました。この展覧会では、羽生選手自身の避難所での経験、そして、羽生選手が被災地で出会った人々の「あの日」と「今」を伝えます。

未曾有の災害から10年。震災の風化が進む中、改めて震災について考え、防災への意識を高める機会にしたいと願っています。

Information

羽生結弦展 共に、前へ―東日本大震災 あの日、そして今—
開催期間
※本イベントは終了しました。
2021年11月6日(土)~23日(祝)10:00~17:00
会場名
エスパル福島 5Fネクストホール
会場住所
料金
入場無料
問い合わせ先
福島中央テレビ事業推進部
問い合わせ先
電話番号
024-923-3262
リンク
https://www.tomonimaee.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同日開催のイベント

SNS