1. Home
  2. ライフ
  3. 地域に密着した「中小企業の知恵袋」。働きながら自らも成長できる会社で…

地域に密着した「中小企業の知恵袋」。働きながら自らも成長できる会社です【AD】

  • 情報掲載日:2019.01.30
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
三部会計グループの社員が勢ぞろい。はつらつとした笑顔が信頼の証
三部会計グループの社員が勢ぞろい。はつらつとした笑顔が信頼の証

『三部(さんべ)会計グループ』からのメッセージ

会計事務所というと、少人数・パソコン・地味というイメージを持つ方も多いかと思いますが、それだけで学生の皆さんが就職の選択肢から外してしまうのはもったいないかもしれません。

当社は中小企業の知恵袋として、半世紀以上にわたってお客様のグッドビジネスを支えてきました。会計事務所の仕事はお客様の困りごとや悩みごとに一つひとつ丁寧に応えていくことが使命です。ですから、従来の税務会計業に加えて、さまざまな課題解決に対応できる事業を着実に増やしてきました。「三部会計に相談すれば何とかしてくれる」と、お客様から頂戴した評価が他の企業などにも伝わって、新しいお客様を連れてきてくださる。私たちの仕事の根幹はすべて「ヒト」です。

「お客様が成長することで、私たちの土台ができ上がりました」と三部吉久所長
「お客様が成長することで、私たちの土台ができ上がりました」と三部吉久所長

当社は地域密着型のワンストップ・オフィスとして企業経営に関するあらゆるご相談に対応するとともに、地域の起業家を支援するためのコワーキングスペースの運営や、子どもたちに将来の夢の一つに「社長」という選択肢があることを知ってもらうためのワークショップなども行っています。社内ではモチベーション向上の一環として、職場風土向上委員会、健康経営委員会などを立ち上げ、社員のご家族を招いてのファミリー感謝デーの開催や企業ヨガなど多彩な活動も行っています。

私たちの会社は「ヒト育ての種を蒔く会社」。子どもからお年寄りまで誰もが楽しみ、そして学び合いながら共に育つプラットホームになるような場をもっと創っていきたいと考えています。

事務所2階でのミーティングの様子。自由な意見が飛び交う 
事務所2階でのミーティングの様子。自由な意見が飛び交う 

「良い会社」を増やすために私たちができることは何か

法人事業部の鈴木麗加さん。クライアントの決算申告書を作成し、その内容を確認
法人事業部の鈴木麗加さん。クライアントの決算申告書を作成し、その内容を確認

三部会計事務所では新卒の学生だけではなく、様々な業態からの転職者も多い。

「事業承継プランナーズ」の加藤克博さんは、以前は個人の会計事務所に勤めていた。三部会計事務所の、トップダウンではなく自分の企画をビジネスに乗せられる点に魅力を感じて、転職を決めたという。「自分が立案したものをクライアントに提供し、お客様の喜んでいる笑顔を見ることができるのがいいですね。ここは経営コンサルタントやM&Aシニアエキスパートなど、会計業務に関わるエキスパートがたくさんいますので、1回の相談で多角的な視点からお客様の問題を解決することができるんです」と目を輝かす。

「経営支援」の山子顕さんは、県庁職員から転職した。公務員時代には学校教育や土木、河川管理など様々な部局で県の事業に携わってきたが、「だんだんと、お客様の顔が見えるような仕事をしてみたいと考えるようになって」と転職を考えた理由を語る。「この会社はベンチャー気質もあるし、他業界出身者でも活躍できると思ったんです。今は『経営支援部』の一員として、様々な企業の経営の立て直しのサポートを行っています」。時にはその企業の会議に同席し、会議そのものの問題点や直面する課題を一緒に検討するそうだ。「経営は単純にデータを追いかけるだけでは駄目。経営者の考えや社内の人間関係を把握したりなど複雑な一面もあります」。

公認会計士や税理士などの仕事は、相手に「教える」「指導する」という姿勢になりがちだが、それは三部会計では御法度。お客様の幸せ(良い会社)を増やすという骨太の経営理念が、あらゆる人材を惹きつけるポイントになっているようだ。

自分をもっと伸ばしたいアグレッシブな人、求ム!

国際税務の整備を進めるグェンさん(写真左)と遠藤剛さん(写真右)。クライアントのニーズを探って一つひとつ形にしていく
国際税務の整備を進めるグェンさん(写真左)と遠藤剛さん(写真右)。クライアントのニーズを探って一つひとつ形にしていく

「就職先として会計事務所を考えた場合、ここでしかできない業務が結構あります。それと社風。上下関係がとてもフランクでありながら、馴れ合いにならない距離感があるところも気に入っています」と法人事業部の小檜山竜哉さん。20年以上のキャリアを持つベテラン社員だ。仕事の秘訣を聞くと「謙虚さでしょうか」とシンプルな答えが返ってきた。

今回取材した方々に「どんな人にエントリーしてほしい?」という質問をしたところ、面白いことにすべて同じ答えが返ってきた。「自分がやろうと思ったことは必ずできる会社だから、アグレッシブな人がいい。自分の能力を活かして地域に貢献したいという人にとっては、ここは最高の環境になるはずです」。

──会計というよりむしろ"快軽"と呼ぶに相応しいフットワークの軽いメンバーが三部会計事務所には集っている。

CORPORATE
  • 経営支援
    税務会計、事業承継、財務、企業再生、IT導入など、豊富な経験と専門性を備えたスタッフが会社経営に関する多彩なニーズに対応する。
  • 人財育成支援
    企業の成長を支援する制度の提案をはじめ、人材開発、労務、企業の組織づくりなど、人財育成を支援する。
  • 相続・資産承継支援
    相続税申告、遺産分割対策、不動産の購入・売却・有効活用、ファイナンシャルプランニングなど専門のスタッフがサポートする。
  • その他
    企業再編M&A、医療福祉経営支援、公会計支援、農業経営支援など、地域のニーズに合わせた様々な経営支援を行う。
    ……ほか
PDFで記事全文を読む

問い合わせフォーム

・入力いただきました個人情報は、サイトを運営する「(株)エス・シー・シー」の個人情報保護方針にのっとり適正に運用し、お問い合わせの会社に提供いたします。
・お問い合わせの会社よりお返事がない場合は、改めて下記の会社インフォメーションに記載されている電話番号までご連絡ください。
・フォーム入力後「確認する」ボタンを押すと確認ページに遷移しますので、その後入力内容に問題なければ「送信する」ボタンを押してください。なお、送信確認のためのメールが自動送信されます。「@cjnavi.co.jp」のドメインからの受信ができますよう設定をお願い致します(企業から改めて送られるメールはこのドメインではございませんので、ご注意ください)。

Information

三部(さんべ)会計グループ
住所
電話番号
024-922-1300
リンク
http://www.sanbe.co.jp
備考
【グループ会社】
・税理士法人 三部会計事務所
・(株)グッドビジネスパートナーズ
・(株)総務サポート
・社会保険労務士 みどり人事サポート

●業務 経営支援、人財育成支援、相続・資産承継支援など
●創業 1965年(昭和40年)
●所長 三部 吉久
●資本金 1,000万円
●従業員数 82名(グループ全体)

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS