福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. ライフ
  3. 「人のために働きたい」と思う気持ちがあれば、誰でも挑戦できる仕事

「人のために働きたい」と思う気持ちがあれば、誰でも挑戦できる仕事

  • 情報掲載日:2019.12.20
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
陸上・海上・航空自衛官の皆さん
陸上・海上・航空自衛官の皆さん

ここが魅力!

  1. 入隊後に働きながら学べる
  2. 様々な職種から適職を選べる
  3. 深い絆の仲間ができる

『防衛省 自衛隊福島地方協力本部』からのメッセージ

私は東日本大震災のとき、災害派遣に来ていた『自衛隊』の方々に救われました。高校二年生だった私は、何もできない自分が悔しいという気持ちが芽生えました。それが自衛官になろうと決めたきっかけです。高校卒業後、防衛大学校に入り、『自衛隊』を志願しました。

「自分の指揮によってチームが精強になっていくのがやりがいです」と渡辺さん
「自分の指揮によってチームが精強になっていくのがやりがいです」と渡辺さん

『自衛隊』というと少なからず怖いイメージを持つ方もいると思いますが、実際はそんなことありません。自衛官は一致団結して人のために任務を遂行します。実感としては“チームワーク抜群の部活動”といったイメージの方が近いです。

また、入隊後の教育制度がしっかりしているので、不得意なことでも克服していけます。例えば運動が苦手な方でも、日々の訓練によって気づいたら周りよりも足が速くなっていたりすることも多々あります。

そして意外と知られていませんが『自衛隊』という組織には実は様々な仕事があります。広報関係、車両等の整備職、医療関係職や、さらには防衛に関する法令に特化した法務職など、あなたの強みを活かせる仕事が必ずありますので、お待ちしております。

2等陸尉 渡辺美穂

現場で輝く姿が多くの人に“希望”や“憧れ”を与える

「災害のときに『自衛隊』のみなさんに助けてもらったことがきっかけです」、「身内が自衛官として働いていて、その姿に憧れていました」。自衛官になったきっかけの多くは、身近に『自衛隊』と触れた経験が大きい。国や国民を守るという任務を遂行する、その姿勢を見た若者が憧れを抱くのだ。

陸上自衛官の3人(左から渡辺美穂さん、天野龍斗さん、加藤美華さん)
陸上自衛官の3人(左から渡辺美穂さん、天野龍斗さん、加藤美華さん)

陸上自衛官の天野さんは、各現場の最前線で活躍する。「災害派遣で熊本にも行きました。地域のみなさんからの『ありがとう』の一言にとてもやりがいを感じています。どんな状況、どんな仕事でも中途半端にせずに、全力でやりきることがモットーです」と熱い想いを語る。

海上自衛官の佐藤 愛さん(左)と平岡直樹さん(右)
海上自衛官の佐藤 愛さん(左)と平岡直樹さん(右)

また、海上自衛官の佐藤さんは「日々海上自衛隊のサイバーセキュリティを担当する任務についています。高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対応するため、常に緊張感を持って取り組んでいます」。そのひたむきな姿勢から、隊員全員が各々の持ち場でひとつの目的に向かって歩んでいることが感じられる。

実は活躍のフィールドが幅広い『自衛隊』の仕事

ひとえに『自衛隊』と言っても様々な職種がある。海上自衛官として働く平岡さんは、「昔から車の整備などに興味があったので、そういった仕事を担当させてもらっています」と語る。

航空自衛官の青木 澪さん(左)と井手拓宏さん(右)。「日本の領空に近づく国籍不明機等の警戒監視を行っています」と青木さん
航空自衛官の青木 澪さん(左)と井手拓宏さん(右)。「日本の領空に近づく国籍不明機等の警戒監視を行っています」と青木さん

航空自衛官の井手さんは、「自分は教官の立場ですが、それでも覚えることはまだあり、様々な経験が自分のものになっていくことがやりがいです」と話す。日々経験を積み、資格を取ったり、教官になって後輩を指導したりと、常に成長ができる。

入隊後でも働きながら、学び、成長できる環境があると話す渡辺さん。「幅広い世代の隊員と接することで自分の知らない世界を知ることができるし、何よりも強い人間関係を築くことができます。少しでも興味を持っていただけたなら、まずは志願してみてください」と話す。

自衛隊の大型トラックを整備する整備員(陸上自衛官)
自衛隊の大型トラックを整備する整備員(陸上自衛官)
業務内容
  • 陸上自衛隊
    地域とともに、一番近いところで活躍し、隊員それぞれが個々の能力を発揮しつつ、様々な職種が組み合わさることによって各種事態へ柔軟に対応する。
  • 海上自衛隊
    活躍の場は海の上だけではなく、飛行任務を担い空で活躍する者、陸から隊員をバックアップする者など多様なステージがある。
  • 航空自衛隊
    パイロットをはじめ、気象、管制、通信電子、整備、施設、輸送、補給など幅広い職域で、高度な知識と技能を身につけたエキスパートが活躍している。
インターンシップ

【体験期間】問い合わせを
【申し込み方法】電話

PDFで記事全文を読む

Information

防衛省 自衛隊福島地方協力本部
住所
電話番号
024-546-1919
リンク
https://www.mod.go.jp/pco/fukushima/
備考
●業務 国の防衛/災害派遣/国際平和協力
●設立 1956年(昭和31年)
●本部長 1等陸佐 神田 謙

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS