1. Home
  2. ライフ
  3. クルマも、人も、チームでつくる

クルマも、人も、チームでつくる

  • 情報掲載日:2021.01.08
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

会津店のスタッフ一同。18名ほどのアットホームな雰囲気が特長で、スタッフの元気な笑顔が見られる
会津店のスタッフ一同。18名ほどのアットホームな雰囲気が特長で、スタッフの元気な笑顔が見られる

ここが魅力!

  1. 1人で抱え込まず相談し合える環境
  2. 個性を尊重し、チームワークを醸成
  3. 女性が働きやすい制度・環境が充実

 『福島スバル自動車株式会社』からのメッセージ

代表取締役社長 内田良一
代表取締役社長 内田良一

◆「入社して良かった」と社員も家族も思う会社に

『福島スバル』では、チーム内での仲間意識を発展させ、「みんなで困る」という一風変わったモットーを掲げています。これには、一人で悩むのではなく互いに相談し合い、全員の問題として取り組んでいこう!という仲間への思いやりを込めています。その実現のため、全スタッフが年齢や職種を超えて話し合える職場環境を目指し、研修やサークル活動などを通じたスタッフ間の交流を奨励しています。

「SUBARU」の特徴は独創的なクルマづくりです。伝統を受け継ぎつつ最新の技術もとり入れて、新しい挑戦にも進んで立ち向かう。社員たちにも、スバルの文化や精神を大切にしつつ、個性を生かし自分を磨いて、ステップアップを実感しながら働いてもらいたい。「福島スバルに入社して良かった」と、社員本人だけでなく家族も思ってくれるような会社にしたいと考えています。

代表取締役社長 内田良一

チームワークの良さが、質の高いサービスを実現

『福島スバル自動車株式会社( 以下、福島スバル)』は、海外にもファンが多い自動車メーカーSUBARUの福島県内唯一の正規特約販売店だ。

「SUBARU」は日本国内の自動車業界において、これまで他社に先駆けてさまざまな先進的なシステムや機能を導入し、クルマ好きに愛される魅力ある自動車メーカーとして独自の地位を築いてきた。このスバルブランドを支える製造・販売・整備スタッフを「スバルチーム」と呼び、全国的に統一された質の高いサービスを提供している。

『福島スバル』でも営業・メカニック・事務職のスタッフそれぞれが互いにスバルチームとしての意識を高め合い、良好なチームワークを育んでいる。実はこのチームワークこそが同社の大きな強み。小さな悩みもチームで共有し、自信を持った仕事ができる。

営業。お客さんに寄り添いながら、わかりやすい提案を心がけている
営業。お客さんに寄り添いながら、わかりやすい提案を心がけている

学生時代のアルバイトを通じて接客の仕事に魅力を感じ、スバル車のデザイン性にも惹かれて入社したという営業課、1年目の佐藤 滉さん。

会社の魅力を聞くと、「休日に一緒にでかけるなど、職種に関わらずみんな仲が良いところです。悩みがあっても誰にでも相談しやすくアットホームな雰囲気。また頑張った分だけ、報酬面でもしっかり成果が返ってくるので、目に見えて成長を感じられるのがうれしいですね」と話してくれた。

クルマの安全性と運転の愉しさを多くの人々へ

メカニックによる整備の様子。しっかり確認、細かな不具合も見逃さない
メカニックによる整備の様子。しっかり確認、細かな不具合も見逃さない

スバル車が根強い人気を誇る理由の1つに、「高い走行性と安全性の両立」が挙げられる。

その源は飛行機研究所として創立したことに始まる。航空機業界において、安全性は最も重要視されるポイント。安全性へのこだわりは、自動車づくりへと事業を移行した後も脈々と受け継がれている。

安全性に対する姿勢に加え、「自分の手で車を操縦することの愉しさ」も、なくてはならないクルマの魅力として追求してきた。水平対向エンジンやフルタイム四駆システム、衝突回避支援などの機能を搭載した運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」を、20年以上の研究の末、いち早く開発したのは「SUBARU」だった。

メカニック班9年目のキャリアをもつ瓜生幸太さんは「専門学校でクルマの整備技術を学ぶ中で、独自の技術でエンジンから製造していることを知り、自分で扱ってみたいと入社を決めました。他社と比べても非常に高い技術力が特長です。入社後も先輩の的確な指導のもと、技術や知識もしっかりと学べ、スキルアップできる環境がありますよ」と、やる気にあふれた表情で話す。

女性が働き続けられる制度・環境・実績あり!

女性社員を対象に開催されている女性セミナー。活動を通じて親睦を深めている
女性社員を対象に開催されている女性セミナー。活動を通じて親睦を深めている

近年、全国的に働き方改革が進んでいる中、『福島スバル』でも福利厚生に関する制度を拡充してきた。

産休・育休制度はもちろん、育児・介護に取り組む社員を対象とした時短勤務制度も整備し、実際に活用されている。その実績は数字を見てもわかるように、妊娠・出産した女性社員の産休・育休取得率と復職率は、現在100%だ。制度上は男性社員も産休・育休を取得できるようになっている。

会社の発展は、社員の健康があってこそ

会津店にあるリラックスルーム。血圧測定器やウォーキングマシン、マッサージチェアなども完備
会津店にあるリラックスルーム。血圧測定器やウォーキングマシン、マッサージチェアなども完備

社員の声を受けて、休憩スペースにトレーニングマシンを導入したのをきっかけに、複数の店舗にトレーニングルームが設けられた。

スペースが確保できない店舗には、トレーニング施設付きの保養所を契約。全店舗の社員と家族が利用できる。「ほんの数分でも運動する習慣がついた」と、社員の健康意識も向上した。

こうした取り組みにより2018年9月には、福島県が認定する県内35の「ふくしま健康経営優良事業所」の中から特に優秀な事業所として表彰。経済産業省が選ぶ「健康経営優良法人2020大規模法人部門(ホワイト500)」にも、2019年に続けて2度目の認定を受けた。

加えてスポーツ庁より令和元年度には「スポーツエールカンパニー」にも選定。いずれも、社員の健康増進に努めて会社の生産性を向上させる、「健康経営」への積極的な取り組みが高く評価された。

業務内容

●自動車販売
スバルの新車や中古車の他、純正部品・用品を販売。福島県内に11の新車販売店舗と3つの中古車販売店舗を展開している
●自動車整備
車検・点検・一般整備・板金塗装などを実施。福島県内に2つの板金塗装工場を擁している
●損害保険代理店業務
損害保険代理店として、各種プランの相談・提案・申し込みに対応している
ほか

インターンシップ

【体験期間】1~2日
【申し込み方法】電話・メール(fs-saiyo@fukushima-subaru.co.jp

PDFで記事全文を読む

問い合わせフォーム

・入力いただきました個人情報は、サイトを運営する「(株)エス・シー・シー」の個人情報保護方針にのっとり適正に運用し、お問い合わせの会社に提供いたします。
・お問い合わせの会社よりお返事がない場合は、改めて下記の会社インフォメーションに記載されている電話番号までご連絡ください。
・フォーム入力後「確認する」ボタンを押すと確認ページに遷移しますので、その後入力内容に問題なければ「送信する」ボタンを押してください。なお、送信確認のためのメールが自動送信されます。「@cjnavi.co.jp」のドメインからの受信ができますよう設定をお願い致します(企業から改めて送られるメールはこのドメインではございませんので、ご注意ください)。

Information

福島スバル自動車株式会社
住所
電話番号
024-945-1341
リンク
http://www.fukushima-subaru.co.jp/
備考
●業務 自動車販売、自動車整備、損害保険代理店業務
●設立 1959年(昭和34年)
●代表取締役社長 内田良一
●資本金 5,000万円
●従業員数 207名

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS