日刊シティ情報ふくしまWebリリース告知月刊シティ情報ふくしまリニューアル告知 SP用Web・CJ告知
  1. Home
  2. ライフ
  3. スーツを脱いだ川俣町長・佐藤金正が自らアピール!「川俣町」のココがい…

スーツを脱いだ川俣町長・佐藤金正が自らアピール!「川俣町」のココがいいべした!

阿武隈山地の豊かな自然の中、川俣シャモが立派に育ってます!

  • 情報掲載日:2017.08.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 


『有限会社 川俣シャモファーム』にてシャモを抱えた佐藤金正・川俣町長

川俣町で育てた地鶏だけが名乗れる「川俣シャモ」

 養蚕・絹織物業が盛んで、「絹の里」として栄えてきた川俣町。そして、もう一つの特産品が「川俣シャモ」だ。裕福な機屋の旦那衆の娯楽として闘鶏が盛んとなり、軍鶏を飼っていたことが原点。そこから着目され、昭和58年に町をあげて研究が始まり、地鶏「川俣シャモ」が誕生した。現在は、町内に建てられた平飼い開放鶏舎で、専用飼料を用い、徹底した一元管理の元、丁寧に育てている。
 純系のシャモ、レッドコーニッシュ、ロードアイランドレッドと、3種の鶏を交配して生まれる川俣シャモ。弾力のある程よい肉質と、さっぱりとしていながら噛むほどに広がる深いコクが特長で、その独特のおいしさは、全国にファンを持つ。町内の飲食店の多くで川俣シャモを用いた料理を提供しており、親子丼や焼鳥、ラーメンなどで楽しむことができる。また加工品も充実。燻製やジャーキー、レトルトカレー、肉みそなど、お土産や贈答品にもおすすめだ。販売店や購入等の詳細は、川俣町農業振興公社のHPを。

気軽に川俣シャモのおいしさを満喫できる、「川俣シャモまつり」。世界へのPRとして、「世界一長い川俣シャモの丸焼き」の挑戦なども行われる
気軽に川俣シャモのおいしさを満喫できる、「川俣シャモまつり」。世界へのPRとして、「世界一長い川俣シャモの丸焼き」の挑戦なども行われる

 8月26日(土)・27日(日)には川俣シャモを存分に楽しめる「川俣シャモまつりin川俣」が開催される。詳細はこちら

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS