福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. ライフ
  3. 第23回 カフェに学ぶおウチインテリア〜その10〜

住まいと暮らしのたね。

第23回 カフェに学ぶおウチインテリア〜その10〜

猛暑が続く季節。涼しいカフェに出かけて気分をリフレッシュしてみては?家づくりの本編集部スタッフが見つけた、マイホームづくりの参考にもなりそうな素敵なカフェを紹介します。

  • 情報掲載日:2019.08.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

心がふっと軽くなる癒やしのカフェでひと休み

JR東北本線、安積永盛駅のすぐ目の前に佇む愛らしい小さなカフェ。この『喫茶店 粒』は、店主の佐々木さんのこだわりが詰まったお店です。

「ここでカフェを開くのが夢でした」と話す佐々木さんと、ランチ担当スタッフの水野さんが、笑顔で迎えてくれます。

昭和の時代に建てられた民家をリノベーション。それほど大きく手を加えていないので、昭和レトロな雰囲気がかなり残っています。

注目は、押し入れだった場所を利用した客席スペース(写真左側)。天袋がある分、狭くなっているせいで、妙に落ち着く空間になっているのだとか。

また、右手前にあるカウンターテーブルは、店主自ら造作したもの。ホームセンターで購入した板に、アンティーク調のペンキを塗って仕上げたそうです。

何気ない家具や雑貨は、主に栃木県の古道具店まで足を伸ばして購入したもの。さりげなく店の片隅に置かれた本箱も、古道具店で入手した木製のリンゴ箱を再利用しています。

時を経たものや、手仕事のぬくもりを感じるものなどが絶妙に組み合わさって、この店の居心地の良さが生み出されていました。

メニューとしては、丁寧にネルドリップで一杯ずつ淹れるコーヒー(550円)はもちろん、自家製スイーツ「本日のおやつ」(450円)も人気。土・日曜日のみ提供するランチ(1,000円)もおすすめです。

小さな店には、コーヒー片手に読書をしたり、スイーツを味わいながらおしゃべりを楽しんだり、幅広い世代がそれぞれの時間を楽しく過ごしています。カフェ好きならずとも、ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

Information

喫茶店 粒(つぶ)
住所
電話番号
なし
営業時間
13:00~18:00、土・日曜日11:00~18:00(17:30ラストオーダー)
休み
毎週月・火曜日
駐車場
2台

関連記事

SNS