福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. イベント
  3. 宇佐美宏和選手 ~大人のクリスマスデート ver~ by(株)ジェンツ

WE LOVE 福島ユナイテッドFC

宇佐美宏和選手 ~大人のクリスマスデート ver~ by(株)ジェンツ

vol.9 宇佐美宏和選手(DF・4)×『(株)ジェンツ』

  • 情報掲載日:2019.11.30
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

CJ誌面連載コーナー「Fukushima United Fashion Change」。街のファッション店の力をお借りして、福島ユナイテッドFC選手のピッチとは違う魅力をお届け!

今月はチームでは2番目のお兄さん、ご家庭では3人の子どもを持つ一家の大黒柱。ピッチ上では激しく熱いプレーで魅せる、宇佐美宏和選手が登場です!

写真提供/福島ユナイテッドFC
写真提供/福島ユナイテッドFC

シーズン終盤、チームの雰囲気を伺ったところ「それぞれ自分の意見が言えるようになってきた」とのこと。

今季(2019年)、物静かな選手(職人肌?)が多くて、自分から意見を発し、声をかける選手が少ないという課題が残っていた福島ユナイテッドFC。最終戦に向け、「声が出てきたが、もっともっとみんなが自分からしゃべれるように、良くない時こそ雰囲気を変えられるように」、宇佐美選手自身も声をかけて努力していきたいと話してくれました。

宇佐美選手と言えば、DFだけど、サイドバックとして攻撃参戦し、どんどん前へと攻めていくイメージ。もっと前のポジションに興味はないのかと聞いてみたところ、小学生からDF一筋。

「守備で貢献するほうが得意。自分でゴールを決めたいとも思うけど、相手からとったボールがゴールにつながる方が喜びが大きい」そうです。ちょっと意外でした。

最近はセンターバックでの起用も多く、「激しくカバーリングして、ボールを取っていく、相手の動きを予測して動く」といった、経験を重ねたからこそできることや体力的に今の自分に合っているところもあるのだとか。でも「32歳、もっと走れるはず。走りたい」という頼もしい言葉をいただきました。

では、お待たせしました!

今回は“大人のクリスマスデート”に向け、ビシッとスーツでご登場いただきます!

CJ12月号誌面では中に着ているベストが見えるように、前開きスタイルを掲載。Webではモデル立ちverでどうぞ
CJ12月号誌面では中に着ているベストが見えるように、前開きスタイルを掲載。Webではモデル立ちverでどうぞ

スーツだけど、緊張しないカジュアルな雰囲気。ネクタイはちょっとクリスマスカラーを意識してみました。

ぜひ奥様とのクリスマスデートに…と思ったのですが、宇佐美家は“おうちでクリスマス”の予定らしいです。ちゃんと3人のお子さんにはサンタさんも来るらしいですよ。現在、サンタさんはコロコロと変わる子どもたちの欲しいものをリサーチ中とのこと。

さらに雰囲気を変えてもう一着!

黒でシックに。ちょっとパイロット感があるのは気のせいです…
黒でシックに。ちょっとパイロット感があるのは気のせいです…

トレンドのダブルスーツバージョン!スタイリングしてくださった『(株)ジェンツ』の宍戸さん曰く「ちょっとタイトで、着丈が短い」のが、今のダブルスーツのトレンドスタイルとのこと。

高級感と風格が出ました。ディナークルージングに連れてってくれそう(笑)

ネクタイは自分で結びます
ネクタイは自分で結びます
黒のスーツの裏地がとってもオシャレでした!
黒のスーツの裏地がとってもオシャレでした!

実は…副キャプテンだし、試合中めっちゃ吠えてるし、約1年半前にしたインタビューでも何となく近づきがたかったイメージが残っていて、緊張して挑んだ今回の取材。

全くそんなことはなく、常に良い兄貴、お父さんオーラが出てました(笑)

「うちのチームの一番上が、顔は怖いけどいじられるからね~」と、年齢関係なく選手たちも仲が良く、宇佐美選手自身もいじられるほうが良いらしいです。

今回のCJインタビュー中もタムタム(MF・23田村亮介選手)が、ひたすらボールを宇佐美選手に向けて蹴ってくるという謎の猛攻を受けてましたが、一個も外さずにボールを止めていたのはさすがでした!

今回の撮影では、『(株)ジェンツ』で既に仕立てたスーツをお借りしたのですが、実際は採寸して、一人一人に合ったスーツを仕立てます
今回の撮影では、『(株)ジェンツ』で既に仕立てたスーツをお借りしたのですが、実際は採寸して、一人一人に合ったスーツを仕立てます

今回、スーツスタイルを叶えてくれたのは、『(株)ジェンツ』直営店のショップマネージャー・宍戸さん。

『(株)ジェンツ』は、1969年創業の高級紳士服縫製工場。有名ブランドのオーダースーツを製造し、全国の百貨店やMen’s専門店に納めています。一着を一人で仕立てあげることができる熟練の技を持つ希少な職人さんも所属し、高い技術が世界中から評価されている会社です。

直営店では、好きな布地を選べ、きちんと採寸をした上で、一人ひとりに合った愛着のわく1着を仕立ててくれます(国産服地35,000円〜・税別)。少しお得になるパターンオーダー受注会なども開催しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 住所/福島市飯坂町平野字大前田1-8
  • 電話番号/090-6683-3777(直営店直通)
  • 営業時間/10:00~18:00
  • 休み/不定休(土・日曜祝日は要予約)
  • URL/http://www.gents.co.jp

(撮影日:2019年10月31日)

関連記事

SNS