福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. グルメ
  3. 連続テレビ小説『エール』に登場した福島市の銘菓

古関裕而のまち福島市・街ネタ

連続テレビ小説『エール』に登場した福島市の銘菓

連続テレビ小説『エール』の様々な場面にひっそりと登場するお菓子。実は、福島市のおやつ・お土産として愛されているあの銘菓の姿もありました。ドラマ内で川俣銀行メンバーが味わっていた銘菓3種類を紹介します。

  • 情報掲載日:2020.05.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

『太陽堂 むぎせんべい本舗』むぎせんべい

むぎせんべい(袋入4包・356円/筒箱入6包・594円)
むぎせんべい(袋入4包・356円/筒箱入6包・594円)

福島市民にはお馴染み『太陽堂 むぎせんべい本舗』の「むぎせんべい」。

主な材料は小麦粉と落花生。シンプルながらも、昭和2年の創業以来、変わらず愛されてきた味だ。パリッとした噛み応えに、口いっぱいに広がるほのかな甘みと香ばしさは、どんどんやみつきに!

「JR東日本 おみやげグランプリ2019」では、「南東北エリア 地元のお勧めとして贈りたいおみやげ賞」を受賞した、まさに福島市の銘菓の一つ。

Information

太陽堂 むぎせんべい本舗
住所
電話番号
024-531-3077
営業時間
8:00~18:00
休み
無休
駐車場
3台

『駒田屋本舗』ゆべし、みそまんじゅう

「ゆべし」(写真左・97円)、「みそまんじゅう」(86円)
「ゆべし」(写真左・97円)、「みそまんじゅう」(86円)

江戸時代創業の老舗和菓子店『駒田屋本舗』。名物「みそぱん」をはじめ、様々な和菓子が揃う中で登場したのは「ゆべし」と「みそまんじゅう」。

「ゆべし」は、厳選された米で作られたモチモチの生地に、優しい甘みのこしあんがたっぷりと包まれている。一方、「みそまんじゅう」は、みその練り込まれた生地にこしあんを包んだ一品。みその風味と、ほんのりとした甘じょっぱさに頬が落ちそう。


この他にも、福島名物がドラマ内に登場しているかも…!?この機会に、福島の銘菓を味わってみて。

Information

駒田屋本舗
住所
電話番号
024-522-4729
営業時間
8:30~18:00(土・日曜祝日は~17:00)
休み
無休
駐車場
3台

関連記事

SNS