CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. グルメ
  3. 温暖な気候と清らかな水・豊かな大地が育む、農家の愛情と希望にあふれた…

温暖な気候と清らかな水・豊かな大地が育む、農家の愛情と希望にあふれた極上のイチゴ【AD】

矢祭町

  • 情報掲載日:2021.01.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
真っ赤に実った矢祭町産イチゴ「とちおとめ」。福島県内で1、2位の栽培面積を誇る「そらの社」は収穫量もトップクラス
真っ赤に実った矢祭町産イチゴ「とちおとめ」。福島県内で1、2位の栽培面積を誇る「そらの社」は収穫量もトップクラス

甘さが増していく今が食べ頃。ひと口食べると幸せに包まれる

冬から春にかけて旬を迎える真っ赤なイチゴ。そのまま食べておいしいのはもちろん、愛らしさと甘さがスイーツにも欠かせない存在だ。福島県内でもトップクラスのイチゴの収穫量を誇る矢祭町では、寒さが一段と厳しくなるこの時期、町内に15軒あるイチゴ農家のビニールハウスが幸せいっぱいの甘い香りに包まれる。

矢祭町内一の広さ、1.5ヘクタールのハウスでイチゴを栽培するのは農業生産法人「そらの社」の代表、金澤孝幸さんとスタッフの皆さん。

「寒さが厳しい1月と2月は甘みが実に蓄えられ、イチゴの最もおいしい時期です」と赤く色づいていくイチゴを愛情たっぷりに見守る。

「そらの社」代表の金澤孝幸さん。20年にわたり研究してたどりついた上質な土壌で大粒の甘いイチゴを育てる。地面にはイチゴの成長を促進するために暖気を送るチューブを設置する工夫も。大粒の美しいイチゴは贈り物にもおすすめ
「そらの社」代表の金澤孝幸さん。20年にわたり研究してたどりついた上質な土壌で大粒の甘いイチゴを育てる。地面にはイチゴの成長を促進するために暖気を送るチューブを設置する工夫も。大粒の美しいイチゴは贈り物にもおすすめ

矢祭町で栽培されているイチゴの多くは、粒が大きくて美しい色合いの「とちおとめ」。ひと口食べると、想像以上の甘さに驚く人も多い。甘さを引き立てるように、さわやかな酸味も感じられるのが特長。「矢祭のイチゴは格別に甘いんです」と誇らしそうに金澤さんが笑う。

摘みたてのおいしいイチゴは、矢祭町内の直売所や農家で購入を

上質なイチゴをつくるために独自の工夫を行う農家の日々の努力も矢祭町のイチゴが甘い理由の一つだ。

「矢祭町は季候が良くて日射量も多い。昼夜の温度差があるのも糖度を高めています」と話す「そらの社」の金澤さん。同社ではビニールハウスにハチの巣箱を置いてミツバチ交配を取り入れている。ハウス内の換気や温度調整にも目を配り、イチゴの生育はもちろん、ミツバチにとってもより良い環境を目指す。

土にこだわる土耕栽培では水持ちが良い良質な土を使用して乾燥を防ぎ、有機肥料を使用することで元気な作物が育つ良質な土壌を作っている。また、水質検査において国の基準をクリアしたJGAP認証を受け、安全で健康的なイチゴ栽培を実現している。

朝採れの完熟イチゴは、矢祭町内のJA農産物直売所「太郎の四季」などで購入できる。シイタケやトマト、ネギなど、地元ですくすく育った多彩な新鮮野菜をはじめ、時期によってコンニャクやユズなどの特産品も並ぶ
朝採れの完熟イチゴは、矢祭町内のJA農産物直売所「太郎の四季」などで購入できる。シイタケやトマト、ネギなど、地元ですくすく育った多彩な新鮮野菜をはじめ、時期によってコンニャクやユズなどの特産品も並ぶ

農家の皆さんの愛情をたっぷり受けて育ったイチゴは、福島県内の「ヨークベニマル」で販売。摘みたてを味わいたい方は、農産物直売所「太郎の四季」や「イチゴ直売」ののぼりがあるハウスなどで購入を。

見た目も味もときめくイチゴのスイーツ

矢祭町のイチゴは青臭さがほとんどなく、みずみずしいイチゴの芳醇な甘さをしっかりと感じられる。だからこそ、餡やクリームの甘さに負けることなく、イチゴ本来の風味を生かしたスイーツ作りができる。

超特大のイチゴを使った大福や、数量限定生産のケーキなど、見た目も味わいもキュート。時期限定のスイーツは矢祭町内の菓子店やカフェで楽しめる。

ログハウス調の温もりあふれるカフェ「珈琲香坊」のイチゴケーキ(1カット385円~)。イチゴと生クリームやカスタードを口当たりの良い生地でサンド。濃厚ながらも軽やかな甘さに心が躍る。テイクアウトも可(要予約、電話0247-34-1131、毎週水曜日・最終木曜日定休)
ログハウス調の温もりあふれるカフェ「珈琲香坊」のイチゴケーキ(1カット385円~)。イチゴと生クリームやカスタードを口当たりの良い生地でサンド。濃厚ながらも軽やかな甘さに心が躍る。テイクアウトも可(要予約、電話0247-34-1131、毎週水曜日・最終木曜日定休)
名物「丸越製菓」のイチゴ大福。甘いイチゴと餡の相性は抜群。要予約で1個380円ほど※生産状況により価格は変動。時期により入手不可能な場合もあり(電話0247-46-2217)
名物「丸越製菓」のイチゴ大福。甘いイチゴと餡の相性は抜群。要予約で1個380円ほど※生産状況により価格は変動。時期により入手不可能な場合もあり(電話0247-46-2217)

Information

JA 東西しらかわ農産物直売所 みりょく満点物語 矢祭店「太郎の四季」
住所
電話番号
0247-46-2405
営業時間
9:30~18:00
休み
第3火曜日
駐車場
あり
備考
ハウス直売(イチゴ直売ののぼりが目印)、福島県内各地のスーパーなどでも販売

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS