CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 東北中央自動車道開通!スーツを脱いだ米沢市長・中川 勝が「米沢市」をア…

東北中央自動車道開通!スーツを脱いだ米沢市長・中川 勝が「米沢市」をアピール!!

2017年11月4日(土)、東北中央自動車道の「福島大笹生IC-米沢北IC」間がついに開通!福島市からぐんと近くなった、米沢市の魅力を中川市長自らがPR!

  • 情報掲載日:2017.11.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
牛舎で自慢の「米沢牛」を愛でる中川市長。平成9年に全国肉用牛枝肉共励会「雌の部」で最優秀賞を受賞した鈴木寿一さん、英行さんの牛舎にて撮影
牛舎で自慢の「米沢牛」を愛でる中川市長。平成9年に全国肉用牛枝肉共励会「雌の部」で最優秀賞を受賞した鈴木寿一さん、英行さんの牛舎にて撮影

 和牛のトップブランドである米沢牛。明治4年、米沢の藩校興譲館に招かれたイギリス人教師が食べ、そのおいしさを広めたのが始まりだ。現在では、置賜地方と呼ばれる、山形県南部の米沢市、長井市、南陽市、高畠市、川西町、小国町、白鷹町、飯豊町で育てられた、黒毛和牛の未経産雌牛。月齢32ヵ月以上で、外観や肉質、脂質などが上質と認められたものだけが『米沢牛』と名乗ることができる。置賜地方の気候、土壌と水、そして受け継がれてきた優れた飼育技術により生まれる。生産蓄農家の鈴木さんは、平成9年に全国肉用牛枝肉共励会「雌の部」で最優秀賞を受賞。全国にその質の高さを知らしめた。さらに、米沢牛銘柄推進協議会が発足、地域一丸となってブランド推進が行われている。その結果、2017年3月に農林水産省が定める日本地理的表示(G1)保護制度に米沢牛が登録された。

市長もおすすめ!米沢牛のすき焼き
市長もおすすめ!米沢牛のすき焼き

 市長曰く、米沢牛のおいしさは「脂身が上質で、溶け出す温度が低く、口の中でトロッととろけるところ」。肉質や霜降りのキメの細かさが自慢で、特にすき焼きで食べるのがおすすめだそう。ぜひそのおいしさを、米沢市内の各店で味わってみよう。
 米沢牛を堪能できる店や販売店等は「米沢牛銘柄推進協議会」のHPで紹介。すき焼きやステーキ、様々な方法で味わえる。

【東北自動車道開通記念】各市の温泉旅館によるお得な「近いよ福島!相馬!米沢!キャンペーン」情報はこちら

米沢市周辺の人気立ち寄りスポット

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS