1. Home
  2. おでかけ
  3. 雪積もる、大内宿の静かな夜

フォトジェニックな福島

雪積もる、大内宿の静かな夜

第十六回 南会津郡下郷町・大内宿

  • 情報掲載日:2018.01.12
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 会津藩の参勤交代の駅場として一度は栄えながら、行列や流通のルートが時代とともに変わり「半農半宿」へ、そして純農村へと移っていった大内宿。寄棟の茅葺屋根が並ぶ景色が近代まで残ったことから、保存が叫ばれすっかり観光地となった。
 茅葺屋根にこんもりと雪が積もる冬。静けさも相まって、一層かつての様相を思わせる。

■"Ouchi-juku" was once an important lodging town in Aizu.But with the times, it became a rural village.
It became a modern age, such as making a roof and a village of a thief, attracted attention due to its old-fashioned landscape, and now it is a sightseeing spot.
In winter, snow folls and piles up softly on the roof.
Together with tranquility, it reminds us of the former village.

関連記事

SNS