1. Home
  2. おでかけ
  3. 色とりどりの花が次々咲き乱れる桃源郷【AD】

色とりどりの花が次々咲き乱れる桃源郷【AD】

  • 情報掲載日:2018.03.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
赤、白、ピンクや薄紫色の可憐な花を付けたクリンソウが、30アールもの広さに渡って自然林の中にファンタジックな空間を作り出す
赤、白、ピンクや薄紫色の可憐な花を付けたクリンソウが、30アールもの広さに渡って自然林の中にファンタジックな空間を作り出す

 四季を通じて130種もの花が次々と咲き乱れる池泉回遊式の日本庭園。「自然を大事に柔らかく人に優しい癒やしの場」をコンセプトに作庭されたという『緑水苑』。安達太良山を借景に、花と緑と水を芸術的に配した造形は見るものに感動を与えてくれる。着工以来25年にして、ようやく完成を見た。

残雪の安達太良山を背景に、桜をはじめレンギョウなどの鮮やかな色彩に心奪われる
残雪の安達太良山を背景に、桜をはじめレンギョウなどの鮮やかな色彩に心奪われる
6月中旬頃からは池の周囲一面に、30万本もの紫や白のハナショウブが一斉に咲き乱れる
6月中旬頃からは池の周囲一面に、30万本もの紫や白のハナショウブが一斉に咲き乱れる

 4月には桜、ハナモモ、レンギョウ、スイセン、ミズバショウといった彩り豊かな花が一斉に開き、春の訪れを告げる。敷地内の「さくらヶ丘」には、日本三大桜といわれる三春滝桜、山梨県の山高神代(やまたかじんだい)桜、岐阜県の根尾谷淡墨(ねおだにうすずみ)桜の子孫木が植樹され、一度に三つを愛でることもできる。GW頃にはツツジや芝桜、フジ、シャクナゲなどが見頃を迎え、文字通り桃源郷の様相を呈する。中でもクリンソウの群落は、例年見頃となる5月中旬には幻想的な景色を作り人気となっている。
 3万坪もの広い敷地内には途中、眺望の良い四阿(あづまや)や手軽に利用できる軽食処、バーベキューセットメニューなどがあるので、休憩や食事をとりながら時々刻々と変わりゆく様をゆっくり楽しもう。

Information

四季の里 緑水苑 
住所
電話番号
024-959-6764
営業時間
8:30~17:00(10月~12/20は16:00まで)
休み
開苑中は無休※12/21~3月は休苑
料金
一般300円・小中学生200円(5/1~7/20は一般500円・小中学生300円)
駐車場
200台
リンク
http://www.ryokusuien.com

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS