FITフォトコンFITフォトコン FITフォトコン
  1. Home
  2. おでかけ
  3. ライトアップされた袋田の滝と、蜜がたっぷりのリンゴを求めて大子町へ!

ライトアップされた袋田の滝と、蜜がたっぷりのリンゴを求めて大子町へ!

茨城県・大子町へドライブ。温泉で癒された後は、奥久慈グルメを堪能。四季により表情を変える袋田の滝は圧巻。

  • 情報掲載日:2018.12.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

自然と光が作り出す神秘的な空間

ライトアップされた袋田の滝
ライトアップされた袋田の滝

日本三名瀑のひとつであり、高さ120m、幅73mの滝が、四段に落下することから別名「四度の滝」とも呼ばれる「袋田の滝」。

2019年1月31日(木)までは、大子町の風物詩『2018大子来人~ダイゴライト~』を開催。大子の自然、星空、水を表現した光のトンネルを抜けると、雄大に落ちる滝の流れが荘厳な墨絵のように浮かび上がる。ぜひこの機会に足を運んでみては。

袋田の滝へと続く「光のトンネル」
袋田の滝へと続く「光のトンネル」
光と影で幻想的な世界を作り出す
光と影で幻想的な世界を作り出す

Information

袋田の滝 『2018大子来人~ダイゴライト~』
開催期間
2018年12月1日(土)~2019年1月31日(木)日没~19:00
会場名
袋田の滝
会場住所
料金
入場料:大人300円、子ども(小~中学生)150円※未就学児は無料
問い合わせ先
大子町観光協会
問い合わせ先
電話番号
0295-72-0285
リンク
http://www.daigo-kanko.jp

奥久慈の自然と季節限定の「りんご風呂」を満喫!

大きな窓から光が差し込む。八溝山系の雄大な自然を眺めながら入浴できる
大きな窓から光が差し込む。八溝山系の雄大な自然を眺めながら入浴できる

大子町の自然に囲まれた町営の温泉保養センター。地元客の他、おでかけの際に立ち寄る遠方客も多いそう。

10月から1月末までの季節限定「りんご風呂」には、地元の契約農家から仕入れたリンゴを使用。甘い香りに癒されながら、身も心もリフレッシュしよう。その他、露天風呂や打たせ湯、サウナルームもあり。タオル類の販売もあるので、手ぶらでもOK!

広々とした露天風呂
広々とした露天風呂
休憩室では、定食や麺類など食事も楽しめる
休憩室では、定食や麺類など食事も楽しめる

Information

大子温泉保養センター 森林の温泉(もりのいでゆ)
住所
電話番号
0295-72-3200
営業時間
10:00~20:00(受付は~19:30)
休み
第1・3水曜日※祝日の場合は営業、翌日休み
料金
大人700円、子ども(3歳~11歳)350円、2歳以下無料(土・日曜祝日は大人1,000円、子ども500円)
※17時以降は大人500円、子ども250円
駐車場
100台
リンク
http://morinoideyu.com/

時間を忘れて食事を楽しもう

「奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス」(980円)
「奥久慈しゃも卵のふわとろっデミオムライス」(980円)

空き家をリフォームした店内には、100年以上前のテーブルや、アンティークの小物たちが並ぶ。居心地の良い空間で味わえるのは、大子町の食材を使用したメニューや、地元の方が手作りするリンゴのスイーツなど。

「奥久慈しゃも」のコクのある卵を使ったオムライスは、希少な大子産玄米「カミアカリ」のプチプチとした歯ごたえが良いアクセントに。また、店内にはジュースやシードルなど、大子町産のお土産の販売もあり。

卵がふわとろでおいしい…落ち着く店内でついつい長居してしまいそう
卵がふわとろでおいしい…落ち着く店内でついつい長居してしまいそう
リンゴをスイートポテトで包んだ「夢見るりんご」(470円)
リンゴをスイートポテトで包んだ「夢見るりんご」(470円)

Information

daigo cafe(ダイゴカフェ)
住所
電話番号
0295-76-8755
営業時間
11:00~18:00(17:30ラストオーダー)
休み
毎週水曜日
駐車場
なし

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS