CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 大沼郡三島町・第一只見川橋梁ビュースポットで撮影した「JR只見線 第一只…

星 賢孝の奥会津だより

大沼郡三島町・第一只見川橋梁ビュースポットで撮影した「JR只見線 第一只見川橋梁」

年間300日、奥会津やJR只見線の撮影をし続ける郷土写真家・星 賢孝(けんこう)さん。彼だからこそ知る四季折々の“美しき奥会津”をお届け。撮影アドバイスも紹介します。

  • 情報掲載日:2021.08.23
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
【JR只見線 第一只見川橋梁 会津桧原駅〜会津西方駅(三島町・第一只見川橋梁ビュースポット)】撮影機種:EOS R5、手持ち撮影、シャッター速度 1/640、F7.1、絞り優先
【JR只見線 第一只見川橋梁 会津桧原駅〜会津西方駅(三島町・第一只見川橋梁ビュースポット)】撮影機種:EOS R5、手持ち撮影、シャッター速度 1/640、F7.1、絞り優先

幻想の煌(きら)めき

夢想だにしない絶景との出会いはいつも偶然にやってくる。大自然の神秘はまさに摩訶不思議でしかない。今回の景色は6月下旬の18時過ぎ、梅雨の小雨に立ちすくみながら撮影したもの。私の身体の奥底から込み上がる身震いは、感動かはたまた寒さなのか。一瞬の情景は儚きが故に美しく、幻想の煌めきは寂寥(せきりょう)の挽歌のように湧き上がり漂いながらさまよっている。

夏の「第一只見川橋梁」の撮影は、やはり川霧の魅力に尽きる。早朝か夕刻が望ましいが、日中でも雨上がりなら霧が出てくれるかもしれない。撮影ポイントには「道の駅尾瀬街道みしま宿」に車を置き徒歩で登る。このポイントでは3ヵ所の展望台が整備されており、徒歩15分の最上部は「第二橋梁」まで、中段は「第一橋梁」のみ俯瞰できる。川霧の発生が多すぎる場合は、視界不良救済ポイントにもなっている、徒歩3分の下段で撮影するといい。

文・写真/星 賢孝

Information

三島町・第一只見川橋梁ビュースポット
住所
【今回の撮影スポット】

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS