日刊シティ情報ふくしまWebリリース告知月刊シティ情報ふくしまリニューアル告知 SP用Web・CJ告知
  1. Home
  2. イベント
  3. 2017シーズン 石堂和人選手インタビュー

WE LOVE 福島ユナイテッドFC

2017シーズン 石堂和人選手インタビュー

第3回 MF・8 石堂和人選手

  • 情報掲載日:2017.08.09
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
写真提供/福島ユナイテッドFC
写真提供/福島ユナイテッドFC

 苦しい試合でも、石堂選手が出場するとなんだかビシッと雰囲気が変わる、頼れる存在。今年は匠選手(MF・5)と共に選手の中では最年長、そして副将として、チームを引っ張る。
 「自分がチームにできることは、声とか、姿とかを感じてもらって伝われば良いなと思ってる。無理して何かするより、素の部分で伝えたい」。

 「とにかくサッカーが楽しい」と何度も話してくれた石堂選手。「サッカーの一番楽しいところは、点が入った瞬間や、勝った時にみんなで喜びを分かちあったり、一体感を感じるところ。あの感じは何回も味わいたいと思ってしまう」とのこと。

 確かに、ゴールが決まった瞬間、誰かれ構わず、ハイタッチをしたくなるあの感覚はクセになり、私もはまってしまった一人。7月16日、会津での久々に勝ったホーム戦でも、隣りにいた知らないおじさんとハイタッチ!そして終了後、サポーターの前に来て、一緒にラインダンスを踊った石堂選手のとっても嬉しそうな笑顔が印象的でした。

 「練習から楽しくて仕方がない、サッカー選手としての喜びがますます増している」と言う石堂選手。一方、昨季・今季とケガで試合に出られない時期もあり、選手を続ける厳しさや難しさ、試合に出られない悔しさも知っている。
 チームの選手たちに「サッカーを、試合を楽しまないと、見に来てくれたサポーターに失礼。試合に出て楽しむチャンスがあるだけでも幸せなことなのに。出られない選手もいるのに、何で楽しめないんだ」と強く伝えたこともあったそう。

 最後に、「一緒に戦い、盛り上げてくれるサポーターに悔しい想いをさせてばかりなので、申し訳ない。観に来た方たちを後悔させない試合をしたい。」と約束してくれました!

ホームゲーム情報

  • 8月27日(日)15:05 Kick off vs アスルクラロ沼津 @とうほう・みんなのスタジアム

関連記事

SNS