1. Home
  2. イベント
  3. 2018シーズン 田坂和昭監督インタビュー

WE LOVE 福島ユナイテッドFC

2018シーズン 田坂和昭監督インタビュー

第9回 田坂和昭監督

  • 情報掲載日:2018.02.14
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
写真提供/福島ユナイテッドFC
写真提供/福島ユナイテッドFC

 2018シーズンの開幕に向けて、動き出した「福島ユナイテッドFC」。
 今回は一見怖そうな...監督にお話を伺ってきました。
 前回、兼村コーチ絶賛の田坂監督!ということで、楽しみにしていたインタビュー。実は、2017年末のトレーニング納めの日に取材をさせていただいたので、来季の方針は休み中に練るということでしたが、ちょこっとその辺のお話も伺えました。

 2017シーズンは、福島ユナイテッドFCトップチームの監督1年目。「心」の部分からチーム・クラブを鍛えていった田坂監督。
 2年目も、「1年かけて作りあげてきたベースである「この一戦にすべてをかける」という“ひたむきさ”、一対一や玉際の“激しさ・強さ・密集”、そして『繋がりタオす』は継続。さらに新たなプラスαを加えていきたい」と話してくれました。
 特に、「昨季の反省のもと、オフザボールの動きを徹底的に。ボールがない時の動き、ポジショニング、準備を徹底してやろうと思っている」とのことでした。

 さて、「監督自身は、今年挑戦したいことはありますか?」
 「え~難しいな・・・ちょっと考えさせて。」

とのことだったので
 「2月はバレンタインがありますが、チョコレートは好きですか?」
 「チョコレート好き。毎日のように食べている。甘い物結構好き。饅頭とかも好き」。

 選手時代、ほとんど食べてなかった分、選手引退後に食べたら「こんなにおいしかったんだ」と思ったんだとか。現在単身赴任中なのですが、ご家族のもとに帰ると必ず「大人のキノコの山」を買っておいてもらえるそうです。電車の中では「トッポ」は当たり前でしょ?なんて話も。チョコの差し入れ大歓迎!

 そしたらいきなり「ハッピーターンのいろんな種類あるの知ってる?」と、監督からの逆質問。
 コンビニとかで限定のものをよく試したりするそうで、おいしいな、これは微妙だなとかやって「日々喜びを感じている」と教えてくださいました。特にチーズのがおいしかったらしいです。
 ちなみに、監督は毎朝走っているので太りません。

 さぁ、話を戻しましょう。「挑戦したいことは?」
 「え~、あ、これでいいよ。誰かに“たぁ坊”って呼ばせる」。

 監督は、できればみんなから“たぁ坊”、“たぁさん”と呼ばれたいと就任直後からおっしゃっているのですが…
 「就任から1年誰か呼んでくれましたか?」と聞いたところ、ファンの人で数人。あと、スタッフの方に忘年会で“たぁちゃん”とやっと呼ばせたくらいだそうです。
※ご家族全員に“たぁちゃん”と呼ばれているそうです

 いや、恐れ多くて呼べません!!

 監督とのお話は、サッカーに関しては分かりやすく、変化球の質問にもきちんと応えて弾ませてくださるので、とてもお話しやすく、楽しい。虜になる人が多いのも納得です。
 取材はトレーニング納めの日(しかも天候不順!)だったので、挨拶をしてサクッと帰りたい選手たちを待たせ、ついロングインタビュー。選手の皆さん、寒い中お待たせしてすみませんでした。

 監督就任2年目、どんなシーズンになるのか楽しみにしております。
 ありがとうございました!

関連記事

SNS