福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. グルメ
  3. キッズルームありで母も子もゆったり過ごせる人気カフェ

ふくしまの子育て

キッズルームありで母も子もゆったり過ごせる人気カフェ

ママ編集者みっこの子連れ外食記 第1回 『milk little garden room 』

  • 情報掲載日:2017.06.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

「キッズルームもあるし、今度のランチそこにしましょうよ!息子君も大好きなミニカーも売ってたわよ!」

 気兼ねない女子会に誘われたのは、福島市御山の『milk little garden room 』。木彫の店内はかわいらしい雑貨にあふれ、女性を中心にリピーターが多い人気店です。私も子どもができる前は何度か友人と食事に行った店でしたが、産後は初。
 女子会までの楽しみにしているのも良いけど、その前に久々に家族三人で行ってみよう!とさっそく足を運びました。

発育に合わせての調理にも対応!『こどもプレート』(580円)

 オープンは11時。混雑前の11時半頃にはお店に着いていようと家を出たものの、お店にはすでに順番待ちの方が。いつもは、待ち時間に息子が飽きてしまうという心配もあるのですが、こちらには先述の通り「キッズルーム」があるんです。

絵本やDVDもあり、もう少しお兄さんお姉さんになっても遊べそうです
絵本やDVDもあり、もう少しお兄さんお姉さんになっても遊べそうです

 慣れない場所では不安になってしまう息子。はじめは私に引っ付いていたけれど、夫がおもちゃで気を引くと、「あはは!」と笑顔に。しばらく遊んでいました。同伴の方は、キッズルームにお子さんだけにせず、一緒に過してくださいね!

 名前を呼ばれて席に着くと、すぐに「子どものイスをお持ちしますね!」とスタッフの方。子どもの来店にもとても慣れた様子で安心できます。こちらのキッズメニューは、「こどもプレート」(580円)。「ハンバーグ」「あまくちカレー」「うどん」の3つからメインを選べます。メニュー表には『うどんのカットや、とろみ付けなど、その他何かございましたらスタッフにお申し付けください』という文章が添えられていました。うれしい心遣いですね。離乳食期でなくても、子どもが小さいと長いままのうどんは食べづらいんです。

私「めんめ(麺)と、カレーとハンバーグ、今日は何を食べる?」
息子「カレー!カレー、たべる!」

ドリンクと子ども用の食器が運ばれてきた時点で大喜び
ドリンクと子ども用の食器が運ばれてきた時点で大喜び
さらにカレーが運ばれてくると踊り出しました
さらにカレーが運ばれてくると踊り出しました

息子「やったー!カレー、いっしょ、たべよーね!いいよー!!」

 なぜか、返事まで自分でしちゃいます。添え付けのポテトも大好物です。このカレー、ニンジンもタマネギもたくさん入っているので、野菜もきちんと食べて欲しいお母さんにおすすめですよ。

こちらはうどんのセット。ドリンクも付きます
こちらはうどんのセット。ドリンクも付きます

 あっという間にぺろりとカレーを平らげた息子。子どものセットはここまでなのですが、最後に運ばれてくるのがこちらのランチメニューのお楽しみ。デザートの「ミルクレープ」です。息子にも分けて、一緒に食べます。

夫が注文したスープカレーのランチセット。奥のミルクレープ…存在感あります!
夫が注文したスープカレーのランチセット。奥のミルクレープ…存在感あります!

息子「♪はんぶん、はんぶん、はんぶんこ~」

 某・子ども向け番組の歌を歌いながら、一緒に食べました。ランチのデザートとは思えないほどしっかりしたケーキなので、確かに半分も食べれば大人だって大満足です。

息子「ごーそうさまー!(ごちそうさま)」

このおしゃれすぎるミニカーはイギリスの蚤の市で売られていたものだそう
このおしゃれすぎるミニカーはイギリスの蚤の市で売られていたものだそう

 最後にレジ前の棚で、女子会メンバーから聞いていたミニカーを発見しました!

夫「フォード社のクラシックカーがいいんじゃない?」
息子「やー!こっちーの!」

 結局、どちらも買いました(笑)。

 これからも、実際に息子と一緒に足を運んだ‟子連れ”で行けるお食事処や、テイクアウトグルメ店など紹介していきます!併せて、皆さんからの福島での「子ども連れ外食スポット・エピソード」も現在募集中です!詳しくは下記リンクにて。

関連記事

SNS