日刊シティ情報ふくしまWebリリース告知『エスパル福島』のアウターコレクション! 『エスパル福島』のアウターコレクション!
  1. Home
  2. グルメ
  3. 郡山のソウルフード!抑えておきたいクリームボックスの店

郡山のソウルフード!抑えておきたいクリームボックスの店

郡山の人が市外のパン屋を訪れれば「あれ?クリームボックスってパン屋のレギュラーメニューじゃないの!?」と思う程、ソウルフードとして根付いている「クリームボックス」。“元祖”の店『ロミオ』と、郡山で学生時代を過ごした人には懐かしい『大友パン店』をご紹介。

  • 情報掲載日:2017.11.11
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

愛されて40年。親しまれてきた味が、今やソウルフード!

「クリームボックス」(110円)、奥はローストしたアーモンドを散りばめた「アーモンドボックス」(130円)。オーブントースターで4、5分焼き直すと、さらにサックリとした食感となり、ミルクの風味が増すそう
「クリームボックス」(110円)、奥はローストしたアーモンドを散りばめた「アーモンドボックス」(130円)。オーブントースターで4、5分焼き直すと、さらにサックリとした食感となり、ミルクの風味が増すそう

 クリームボックス元祖の店『ロミオ』。この人気商品誕生のきっかけは、デニッシュのパンに使うアーモンドクリームだったそう。新商品のアイデアを出し合っていた際、アーモンドクリームからアーモンドを除いてパンに塗ってみたところ、驚くほどおいしかったのだ!
 昭和51年に販売を開始し、瞬く間に若い女性の間で評判に。彼女たちが結婚し、子どもにクリームボックスを買って…そうやって郡山の一大ソウルフードはできていった。
 『ロミオ』のクリームボックスは、「食べやすいように小ぶりにしよう」「生地はサックリした食感へ」と、改良を重ねられてきた。現在は、クリームボックス専用の生地を低温熟成させ、ミルクの風味を生かしている。クリームはトロッとした食感とくちどけの良さを求めて生クリームにこだわった。
 生産性よりも品質を重視し、元祖の店としてのプライドをもって、今もおいしさを追求している。

『ロミオ イトーヨーカドー郡山店』の芳賀店長。手にはロミオのクリームボックスPRキャラクター「クリームボッくん」
『ロミオ イトーヨーカドー郡山店』の芳賀店長。手にはロミオのクリームボックスPRキャラクター「クリームボッくん」

Information

ロミオ イトーヨーカドー郡山店
住所
郡山市西ノ内2-11-40 イトーヨーカドー郡山店1F
電話番号
024-939-1220
営業時間
10:00~21:00(パンがなくなり次第終了)
休み
無休
駐車場
西部プラザ駐車場

懐かしい…購買部のクリームボックス。酪王乳業とコラボも

「クリームボックス」(手前・124円)と、「カフェオレボックス」(奥・134円)
「クリームボックス」(手前・124円)と、「カフェオレボックス」(奥・134円)

 中学・高校といった学生時代を郡山で過ごした人には懐かしい人もいるであろう『大友パン店』のクリームボックス。昭和50年代から製造しており、周辺の学校の購買部などでも販売してきた。こちらのクリームボックスは、生クリームをたっぷり使った濃厚なクリームが特徴。ミルク入りのパンは厚切りで、しっとりとした食感だ。地元の酪王乳業と提携して開発した「カフェオレボックス」も人気。

大正13年創業。毎日約100種類の焼きたてパンが店内に並ぶ
大正13年創業。毎日約100種類の焼きたてパンが店内に並ぶ

Information

大友パン店
住所
郡山市虎丸町24-9
電話番号
024-923-6536
営業時間
7:30~19:00(日曜祝日は~18:00)
休み
無休(1/1~3は休み、お盆休みあり)
駐車場
9台

この記事は「ふくしまを楽しむ大人の情報誌 Mon mo(モンモ)2014年冬号」掲載記事を元に作成しました。モンモのバックナンバー及び最新号では、県内のグルメ情報を掲載しています。本の詳細はモンモ公式ホームページをご参照ください。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS