福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. グルメ
  3. アルパカ牧場×カフェ『アルパカフェ』

アルパカ牧場×カフェ『アルパカフェ』

  • 情報掲載日:2018.12.13
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
カフェから道路を挟んだ場所にあるアルパカ牧場では、約30頭が出迎えてくれる。写真手前はチキちゃん、中央はあかねちゃん。入園無料だが任意の愛護協力金をお願いしている。牧場で販売しているエサを与えることもできる
カフェから道路を挟んだ場所にあるアルパカ牧場では、約30頭が出迎えてくれる。写真手前はチキちゃん、中央はあかねちゃん。入園無料だが任意の愛護協力金をお願いしている。牧場で販売しているエサを与えることもできる

豊かな自然の中で作られた、地産地消のこだわりメニュー

郡山市郊外にあるアルパカ牧場。ここにいるアルパカたちは、新潟中越地震の際、「被災してしまった地域を元気に」とアメリカから新潟県山古志(やまこし)に贈られたもの。東日本大震災後「今度は福島の皆様に」と山古志からその思いと共に受け継がれてやって来た。

写真左があかねちゃん、右が桃華ちゃん
写真左があかねちゃん、右が桃華ちゃん

敷地内にオープンしたカフェでは、フランスの代表的な郷土料理・ガレットが食べられる。冬におすすめなのが「きのこのガレット」。

「きのこのガレット」。食事系のガレットは、スープと前菜が付いて1,200円。プラス200円でドリンク、100円でデザートも
「きのこのガレット」。食事系のガレットは、スープと前菜が付いて1,200円。プラス200円でドリンク、100円でデザートも

4種類のキノコ、タマネギ、ベーコンにたっぷりとチーズを乗せて、鉄板で焼き上げる。表面がカリッとしていて、口に含むとモチモチの生地からほのかな甘味が感じられる。

「なるべく地元の食材を使って作りたい」と、ガレットには郡山市湖南産の自家製粉のそば粉を、ベーコンは隣接する工房で作った自家製のものを使っている。ボリューム感があるが、いつの間にかペロリと食べられてしまう。

アイスクリーム付きの「自家製ブルーベリージャムのガレット」(800円)。ドリンクはプラス200円
アイスクリーム付きの「自家製ブルーベリージャムのガレット」(800円)。ドリンクはプラス200円

窓の外に広がるのは、遮るもののない開放的な景色。光の差し込む暖かい店内で軽食を済ませたら、小川の向こうにあるアルパカ牧場まで少し散策。動物と触れ合ったり、焼きたてパンを購入するのもここに来た醍醐味の一つ。心も身体もリラックスできる癒やしがここにある。

少し小高い場所に立ち、美しい丘陵を一望できる絶好のロケーション。芝生が広がる前庭には、社長が知人から譲り受けたモンゴル遊牧民の移動式住居「ゲル」がある。2ヵ月に1度、ここで青空マルシェを開催している
少し小高い場所に立ち、美しい丘陵を一望できる絶好のロケーション。芝生が広がる前庭には、社長が知人から譲り受けたモンゴル遊牧民の移動式住居「ゲル」がある。2ヵ月に1度、ここで青空マルシェを開催している

その他のメニュー

  • ガレットコンプレ(1,200円)
  • 自家製ソーセージのホットドッグ(400円)、他

Information

alpaCAFE(アルパカフェ)
住所
営業時間
10:00~16:00
休み
年中無休
席数
24席
駐車場
50台
問い合わせ先
のんびり温泉
問い合わせ先
電話番号
024-953-2611
リンク
https://www.nonbiri-onsen.com/iwana/cafe.html

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS