CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. グルメ
  3. 「ふくしま定食部」部員1万人達成記念企画『食堂・定食へのラブレター』

ふくしま定食部

「ふくしま定食部」部員1万人達成記念企画
『食堂・定食へのラブレター』

皆さんからお送りいただいた、福島の『食堂・定食へのラブレター』をご紹介。

  • 情報掲載日:2021.04.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
愛すべき食堂の皆さんへ、「感謝状」と言う名のラブレターをお届け!
愛すべき食堂の皆さんへ、「感謝状」と言う名のラブレターをお届け!

おかげさまで、ふくしま定食部は部員1万人を達成。記念企画として『食堂・定食へのラブレター』を募集しました(募集は2021年3月上旬に締め切りました)。

"こんなご時世だからこそ、いつもは注文時しか言葉を交わさない愛すべき食堂のみなさんへ食堂愛を届ける"ということを目的としており、たくさんのメッセージをご応募いただきました。温かい気持ちになるエピソードや、目頭が熱くなる想いなど、みなさんの食堂愛を見せつけられました。

こちらのページでは、お送りいただいたメッセージをすべてご紹介します。

『食堂・定食へのラブレター』(応募順)

福島市「天山」様へ(50代・定食部員)

中学の学区内にあって、腹ペコ時代から訪問、出前が楽しみでした。これからも、食のふるさととして在り続けてください!

福島市「味処 福泉」様へ(20代・すいこうめい)

冬時の、食後のコーヒーが心と体に沁みました。

福島市「もりや食堂」様へ(50代・トリ)

ラーメン定食は、定食部のお陰で出会えた宇宙一好きなお店で大好きなメニューです!

二本松市「相模屋食堂」様へ(30代・やきんくん)

相模屋といえば、私の中ではカツ丼(勝丼)が一番です。基本出前でしか頼みませんが…。
以前は磁器の器にご飯いっぱいに入ってて、カツも厚く、上蓋が閉まっていない時など、家族で「これ食べる」と取り合いのケンカをよくしたものです。今はきちんとしまる黒塗りの器に変わってしまいましたが、それでも味は昔と変わりません。
最近(ここ数年前に)カツを煮込む際にラーメンスープを使用していると知ったんですけどね。
これからも、美味しい料理を提供し続けて小浜になくてはならないお店としてご活躍していただけたら幸いです。今後もお身体に気をつけて頑張って下さい!!
(時々の注文で、ごめんなさい…。)

福島市「まるた食堂」様へ(50代・Aさん)

昭和59年に社会人になって、初めてのサラメシがまるた食堂の出前の「若鶏の味噌炒め定食」でした。
以来カレータンメン、カレーそば、焼きそば、チャーハン、タンメン、ホルモン定食、ソースカツ丼、しいたけ味噌ラーメン、カレーライス、たぬきそば、鍋焼うどん、おにぎり、餃子定食、とんかつ定食…etc。
うれしいときも辛いときも、いつも空腹を満たして明日に向かって勇気をくれたありがたい食堂です。
社会人の原点食堂、今の僕があるのは、店主とご家族と従業員の皆様のおかげです。
ありがとうございます。

二本松市「杉の家食堂」様へ(60代・Kさん)

浪江町の、「第一ビル・1F」→「はやまビル・2F」→二本松駅前と、「なみえ焼そば」に対する思い(大将と奥様)に、どれだけ力づけられたか。
ずっと絶さないで下さい。応援しております。

福島市「まんさく食堂」様へ(40代・チーかま)

今住んでいるマンションのそばにある「まんさく食堂」。引っ越してきた時からお世話になってます。
当時生まれたばかりの末っ子を連れて行き、ミルクを飲ませていたのが、つい最近のように思い出されます。
そんな末っ子も今や「ロース焼肉定食」を一人で平らげるようになりました。
共働きの我が家は、まんさく食堂で夕飯を食べる機会が多く、店主のおじさんをはじめ、とても良く接してくれました。
まだまだお世話になろうと思っているので、体に気を付けて営業をつづけてください。これからもよろしくお願いします。

福島市「辰の子食堂」様へ(50代・ちかこ)

数十年前の岡部幸雄騎手のサインが飾ってあり歴史を感じる昭和の食堂です。
職人肌のご主人がもくもくとお料理を作り、明るいお母さんが「いつもどーもねー」と声をかけてくれます。
何年も前から息子さんと並んで調理してますがどちらも寡黙で、お母さんがひたすら元気で明るくフォローしているかのようです。
大好きな大好きな食堂ですが、今はあまり行けません。ラーメンも定食も何を頼んでもおいしいです。
木曜日の「生姜焼き定食」が一番お得でおいしい!!
ずっと続けて欲しいなぁ。ってか行かなきゃね!!

福島市「カジャメゾンIII」様(20代・Gさん)

父親からの紹介から始まり、店長さんとお会いさせていただき、おいしい料理や人柄、料理に対する愛情や探究心がとても伝わってきました!
今でも、自分達お客さんの為に腕を振るい、コロナ禍の中でも笑顔で接客してくださるとてもいい雰囲気のあるお店です!こういうお店が続いてほしいと切に願いますし、友人・知人に紹介したいレベルでまた行きたい!と自分は思っています!また食べに行きたいです★

福島市「カヂャメゾンIII」様へ(30代・米サムライ)

いかなる時も暖かく迎えてくれる店員さん。そして心温まる料理の数々。リクエストにも明るく対応していただき、リクエスト以上の料理をいつも提供してくれます。
店、ヒト、味どれも毎回行くたびに感動の嵐です。このようなお店がいつまでも在って欲しいと心底想います。
いつもおいしい料理ありがとうございます。
いつまでも応援し続けますので頑張ってください!

福島市「カヂャメゾンIII」様へ(30代・LCエキスパートプランナー)

私自身、子どものアトピーや健康のことにすごく敏感で、「カヂャメゾンIII」オーナーの青田さんに相談。
すると、快く子どもたちの食べれそうなもの、マクロビの食品食材、アーユルヴェーダ…多岐に渡り、その時々に合うものを、即席で調理して提供してくださいました。
それも破格の値段です。自然の食材や、調味料は、ものすごく高いはずであるのに。お刺身も、市場で朝仕入れた新鮮な素材のものしか出されません。
本当にありえない金額と、神がかったセンスでのサービスの提供に助かっています。客のニーズに合ったものをその場で出せる、福島市にはなかなか無いお店の一つです。
子どもたち共々、感謝申し上げます。

「お食事処 東」(※)様へ(40代・moss)

どんな時も変わらない味で、嫌なことがあってもこれを食べると「おいしいね」となって、嫌なことを忘れらる一品です。これほどご飯にあうものはありません。これからもこの味を残していただきたいです。

※似た店名のお店が複数あり、市町村不明のため記載しておりません

福島市「家庭料理の店 ほたる」様へ(50代・A)

以前勤務先が近くだったので、ランチにも夜の会食にも頻繁にお邪魔しました。
自家菜園の野菜を使った小鉢類が充実してます。誰かが「自宅で食べるよりも家庭料理だ!」と言ってましたが、けだし名言ですね。
初めてお邪魔したとき、小学生だった店主の娘さんは今春大学を卒業されるとのこと、つくづく永きにわたりお世話になりました。

福島市「カヂャメゾンIII」様へ(60代※記名なし)

コロナウィルスで閉じてる店が多い中、「作るのが大好きです」と言って作ってくれます。もうけなんか関係無いです。って言っているシェフカッコいいです。
今一番大変な時期だとおもうので、頑張ってくださいね。また、行きますね。

福島市「 創作うどん はち兵衛」様へ(40代・福島市民)

先日亡くなった妻が好きで良く家族で行きました。思い出の店です。
私はうどんよりも定食ばかり食べていました。定食は安くてボリュームがあって良心的な店だと思います。これからも通います。

福島市「辰の子食堂」様へ(20代・Sさん)

入りづらさを押して、高校の同級生と入店。知らないおじさんと相席して、いろいろな話をした。今では、難しい相席ですが、密な時間でした。

たくさんのメッセージをご応募いただき、ありがとうございました!

関連記事

SNS