福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. おでかけ
  3. カメラを持って出掛けたい!福島の紅葉スポット3選

カメラを持って出掛けたい!福島の紅葉スポット3選

福島県内には美しい紅葉スポットがたくさんあります。その中から、ぜひこの秋カメラを片手にでかけてほしい3スポットをご紹介!

  • 情報掲載日:2017.09.28
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

磐梯吾妻スカイライン(福島市・猪苗代町)

 平均標高1,350m、最高地点1,622mの山岳道路。道路沿いには、作家の井上靖氏が選定した「吾妻八景」がある。かつてイワツバメが飛び交ったことから名づけられた「つばくろ谷」も吾妻八景の一つ。ここに架かる長さ170m、橋下約84mの不動沢橋から眺める紅葉は圧巻で、思わずカメラを構えたくなる。

 スカイラインの道は吾妻連峰を縫うように走り、変化に富んだドライブが楽しめる。緩やかに上り下りしながら、一面に広がる紅葉を楽しむのもまた楽しい。

磐梯吾妻レークライン(猪苗代町・北塩原村)

 秋元湖、小野川湖、桧原湖などを望むドライブルート。朝霧や雲海とともに、磐梯山と秋元湖のコラボが狙えるスポットはカメラマンにも人気だ。中津川を渡る橋近くにあるレストハウスをはじめ、要所ごとに駐車スペースがあるので、車を停めてゆっくり眺めを楽しもう。

 レークラインから見える北塩原村の桧原湖は、裏磐梯最大の湖。湖面に浮かぶ大小さまざまな島々が特徴的だ。屈曲に富む周囲約31.5kmの湖岸を紅葉が取り巻く、美しい景色が楽しめる。西岸の細野地区からはバックに磐梯山を入れた景色を撮影できるので、ぜひこちらもカメラ片手に出かけたい。

只見線(会津若松駅~小出駅)

 四季を通じて美しいローカル線・只見線。道の駅「尾瀬街道みしま宿」から遊歩道を歩いて15分。只見線を代表する通称「お立ち台」と呼ばれる撮影場所から「第一只見川橋梁」を写したのがこの写真。ランダムな色合いの紅葉に、列車が映える一枚。蛇行する只見川と相まって奥行ある景色が楽しめる。鉄道ファンならずとも、思わずシャッターを切ってしまう一瞬。

 只見川をダムでせき止めてできた人造湖・田子倉湖も見所の一つ。ユネスコのエコパークでもある只見町を代表する樹木・ブナを中心とした見事な紅葉が楽しめる。湖岸を走る国道252号は絶景のドライブコース。11月中旬に積雪がはじまると冬期通行止めになる。

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS