1. Home
  2. おでかけ
  3. ニッコウキスゲが眩しい、尾瀬の夏

フォトジェニックな福島

ニッコウキスゲが眩しい、尾瀬の夏

第四十回 南会津郡・檜枝岐村 尾瀬国立公園

  • 情報掲載日:2018.07.07
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)
(進和クリエイティブセンター フォトライブラリーより)

 唱歌「夏の思い出」の土地・尾瀬。歌中にある通り、水芭蕉の群生地として知られている。初夏の水芭蕉の時期が終わると、湿原一面にワタスゲの黄色く特徴的な花が咲く。次第に花は、ふわりとしたワタボウシになり、そして、尾瀬が一番華やぐニッコウキスゲの季節となる。
 尾瀬の夏は鮮やかで、短い。ノアザミやアヤメ、また水生植物のオゼコウホネやヒツジグサなど、多様な植物を眺めながらのトレッキングに出かけてみてはどうだろうか。


■"Oze" is a national park that spans 4 prefectures in Fukushima, Tochigi, Gunma and Niigata prefectures.The choral song of this park is sung about the beauty of its scenery and it is familiar with everyone.
Water basho flower appears in the song, but there are plenty of other plants there.In particular, the photograph of Nikko Kisuge shows the flower representing the summer of Oze park.Please enjoy the short summer of Oze park with trekking. You will be able to find lots of beautiful scenery there.

関連記事

SNS