1. Home
  2. おでかけ
  3. 「ふたば周遊キックオフカード」で、双葉郡の魅力を再発見しよう!

「ふたば周遊キックオフカード」で、双葉郡の魅力を再発見しよう!

2021年9月、Jヴィレッジのセンターハウスに設置された『ふたば周遊キックオフカード』。福島県双葉郡の8町村にある100ヵ所の観光スポットを紹介するもの。カードを提示すると特典を受けられる店舗もあります。今回はこのカードを手に、CJ Monmo編集部・はるなが、おすすめスポット6ヵ所を巡ってきました!

  • 情報掲載日:2021.10.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【楢葉町】「サッカーの聖地」としてたくさんの人々が集う場所へ

「Jヴィレッジ」からSTART!
「Jヴィレッジ」からSTART!

2019年4月に全面再開した、サッカーナショナルトレーニングセンター『Jヴィレッジ』。施設面積は東京ドーム約10個分の規模を誇り、スタジアムをはじめ、美しい天然芝ピッチやジムなど充実した設備が整う。

またセンターハウスには、ホテルやレストラン、ショップも併設しており、スポーツ利用に限らず、誰でも気軽に利用することができる。

センターハウス4階の展望ホールから眺めるピッチと太平洋は圧巻!
センターハウス4階の展望ホールから眺めるピッチと太平洋は圧巻!
キックオフカードを提示すると…

ショップで買い物した方、会計から5%OFF。

Information

Jヴィレッジ
住所
電話番号
0240-26-0111
営業時間
【ショップ】8:00~21:30
休み
無休
駐車場
約730台
リンク
https://j-village.jp/

【広野町】公園で思いっきり楽しんだ後は、バナナスイーツでひと息

「芝生広場」には、すべり台や巨大トランポリンなどの遊具も備えられている
「芝生広場」には、すべり台や巨大トランポリンなどの遊具も備えられている
広野町産バナナを使った「綺麗バナナジュース」(500円)、「綺麗バナナシェイク」(600円)がおすすめ!ふたば未来学園高校の生徒が開発した「ふたばななクッキー」や「学園マドレーヌ」(各150円)もぜひ
広野町産バナナを使った「綺麗バナナジュース」(500円)、「綺麗バナナシェイク」(600円)がおすすめ!ふたば未来学園高校の生徒が開発した「ふたばななクッキー」や「学園マドレーヌ」(各150円)もぜひ

『二ツ沼総合公園』にはパークゴルフ場や遊具、レストランなどがあり、子どもから大人まで楽しめる。

また隣接する『トロピカルフルーツミュージアム』では、広野町で栽培が始まった、皮まで食べられるバナナ「綺麗」の貴重な生長過程の見学が可能。見学後は、併設の「ひろぼーの休憩所」で、バナナを使ったグルメを味わおう。

【二ツ沼総合公園】キックオフカードを提示すると…

パークゴルフ利用の方、クラブ・ボールのレンタル無料。

【トロピカルフルーツミュージアム】キックオフカードを提示すると…

ひろぼーの休憩所で飲食した方、「ふたばななクッキー」または「学園マドレーヌ」を1個プレゼント。

Information

二ツ沼総合公園
住所
電話番号
0240-27-1130
営業時間
8:30~16:00(最終受付15:00)
休み
毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金
入場無料
駐車場
700台
リンク
https://www.hirono-kousha.com

Information

トロピカルフルーツミュージアム
住所
電話番号
0240-23-7704
営業時間
9:00~16:00※ひろぼーの休憩所は11:00~13:30、土・日曜祝日は10:00~15:00
休み
毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金
入場無料
駐車場
「二ツ沼総合公園」と共有
リンク
https://www.instagram.com/hirono_kousha2019/

【富岡町】富岡町の成り立ちと複合災害がもたらした、地域の変化を伝える

富岡町民の協力で保全した地域資料や、震災遺産を見ることで「富岡町のような複合災害が起こったらどうなるか」を想像し、明日への向き合い方などを感じてほしいという願いが込められている
富岡町民の協力で保全した地域資料や、震災遺産を見ることで「富岡町のような複合災害が起こったらどうなるか」を想像し、明日への向き合い方などを感じてほしいという願いが込められている

2021年7月にオープンした『とみおかアーカイブ・ミュージアム』。ここは単なる「震災の記憶」を展示する施設ではなく、富岡町という地域の歴史とその特徴を伝えた上で、あの日の自然災害・原発災害がもたらした経験を将来に、世界に発信する拠点となる施設だ。

常設展示のほか、富岡町民と来館者の交流の場「タウンギャラリー」では昭和の商店街模型やメッセージ展示、三次元疑似体験システム(MREAL)、シアターなども用意。

Information

とみおかアーカイブ・ミュージアム
住所
電話番号
0240-25-8644
営業時間
9:00~17:00(最終入館16:30)
休み
毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)、年末年始
料金
入館無料
リンク
https://www.facebook.com/TheHistoricalArchiveMuseumOfTomioka

【大熊町】10年ぶりに大熊町へ帰ってきた!変わらぬ味をもう一度

ご主人一押しの「レインボーランチ」(800円)は日替わりフライ、ハムエッグ、サラダに、ご飯とみそ汁、コーヒーまで付いて大満足
ご主人一押しの「レインボーランチ」(800円)は日替わりフライ、ハムエッグ、サラダに、ご飯とみそ汁、コーヒーまで付いて大満足

1979年に大熊町で創業した『軽食・喫茶 レインボー』。2021年、震災から10年の時を経て、大熊町での営業を再開した。

変わらぬ人気を誇る「レインボーランチ」やナポリタンなどのメニューが揃う。大熊町産のイチゴ「おおくまベリー」を使った3層仕立ての「おおくまベリーみるく」(500円)もおすすめ。

キックオフカードを提示すると…

「おおくまベリーみるく」を注文の方、会計から50円引き。

Information

軽食・喫茶 レインボー
住所
電話番号
080-2835-2819
営業時間
11:00~18:00(ランチタイムは~14:00)
休み
土・日曜祝日(第1・3日曜日は営業)※変更の場合あり
駐車場
「おおくまーと」共有P

【双葉町】復興する福島をカラフルに彩るウォールアート

双葉町をアートで盛り上げようと、町内の有志で立ち上げた壁画アートプロジェクト『FUTABA Art District(フタバ アート ディストリクト)』。JR双葉駅の目の前には、「BACK TO THE FUTABA」などテーマ別の複数の壁画アートが並ぶ。

Information

FUTABA Art District(フタバ アート ディストリクト)
住所
【駅前エリア】


【中野エリア】

【浪江町】見て、食べて、体験して、楽しみ方は自由自在の道の駅

濃厚なミルクとほんのり甘酒が香る「甘酒ソフト」(380円)※テイクアウトはコーンのみ
濃厚なミルクとほんのり甘酒が香る「甘酒ソフト」(380円)※テイクアウトはコーンのみ

震災復興のシンボルとして、2021年3月にグランドオープンした『道の駅なみえ』。道の駅内には、請戸(うけど)漁港で獲れたしらすを堪能できるレストランや、地元の新鮮野菜が並ぶ直売所などがある。

隣接するカフェ「SakeKura ゆい」には、浪江町の酒造「鈴木酒造店」が併設されており、酒造り見学ができる他、日本酒や酒粕、甘酒を使ったメニューも味わえる。

キックオフカードを提示すると…

「SakeKura ゆい」で「甘酒ソフト」を注文の方、会計から50円引き。

Information

道の駅なみえ
住所
電話番号
0240-23-7121
営業時間
10:00~18:00(施設により営業時間は異なる)
休み
毎月最終水曜日(なみえの技・なりわい館 大堀相馬焼のみ毎週水曜日)
駐車場
128台
リンク
https://michinoeki-namie.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS