モンモ良品モンモ良品 モンモ良品
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 個性豊かな桜が点在する二本松市。季節限定バスツアーで桜めぐり【AD】

個性豊かな桜が点在する二本松市。季節限定バスツアーで桜めぐり【AD】

【桜の見頃/4月上旬〜中旬】二本松市

  • 情報掲載日:2022.03.25
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
「稚児舞台の桜」。平安時代、奥州征伐に来た源義家の大軍と土地の豪族・安部貞任の軍勢が対峙した際、稚児装束に身を包み、優雅な舞を披露した2人の美女にまつわる伝説が残る
「稚児舞台の桜」。平安時代、奥州征伐に来た源義家の大軍と土地の豪族・安部貞任の軍勢が対峙した際、稚児装束に身を包み、優雅な舞を披露した2人の美女にまつわる伝説が残る

城下町の面影が残る市街地から自然豊かな郊外まで、48ヵ所の桜スポットが点在する二本松市。4月上旬には、「霞ヶ城公園」の桜や、その周囲に点在する「大隣寺」「鏡石寺」「蓮華寺」などの桜が見頃を迎え、城下町を春色に染める。

上空から撮影した桜の季節の霞ヶ城公園。城山全体が淡いピンク色に包まれる。城の石垣や箕輪門と桜の対比も美しい
上空から撮影した桜の季節の霞ヶ城公園。城山全体が淡いピンク色に包まれる。城の石垣や箕輪門と桜の対比も美しい

名所、旧跡とともに桜を楽しむのならJR二本松駅を起点に霞ヶ城公園や大隣寺、「智恵子の生家」などをめぐる市内循環臨時バス『春さがし号』の利用がおすすめだ。運行は2022年4月6日(水)から17日(日)を予定。

推定樹齢180年「合戦場のしだれ桜」。菜の花が彩る丘の上に2本のベニシダレザクラが寄り添うように立つ。「三春滝桜」の孫桜といわれている
推定樹齢180年「合戦場のしだれ桜」。菜の花が彩る丘の上に2本のベニシダレザクラが寄り添うように立つ。「三春滝桜」の孫桜といわれている

4月中旬には、菜の花と青空、しだれ桜の対比が美しい「合戦場のしだれ桜」、ライトアップが人気の「万燈桜」や「中島の地蔵桜」、阿武隈川の“動”と桜の“静”を同時に楽しめる「稚児舞台の桜」など、4つの個性豊かな名木が次々と開花する。

稚児舞台はその名の通り、舞台を思わせる阿武隈川河畔の奇岩。春になると可憐な桜とユキヤナギに彩られ、近年、桜の絶景スポットとして注目を集めている。

推定樹齢150年の「中島の地蔵桜」。樹高約10m、枝張り約30mのベニシダレザクラ。水面に写る姿や、夜のライトアップでも人々を魅了する
推定樹齢150年の「中島の地蔵桜」。樹高約10m、枝張り約30mのベニシダレザクラ。水面に写る姿や、夜のライトアップでも人々を魅了する

2022年4月16日(土)・17日(日)、23日(土)・24日(日)の4日間限定で、この4カ所の桜をめぐる桜バスツアー『桜の名所号』が運行される。料金は大人2,000円。前日までに要予約。問い合わせ・予約は「昭和タクシー」(電話/0243-22-1155)へ。

霞ヶ城近くに新スポット「にほんまつ城報館」開館

2022年4月9日(土)、霞ヶ城公園前に「二本松市歴史観光施設(愛称:にほんまつ城報館)」がオープンする。

1階は国の史跡に指定されている二本松城址や二本松少年隊の歴史を紹介する歴史展示室、360度スクリーンで城跡の四季や石垣の映像を楽しめるガイダンス室。

2階は箕輪門を眺められるラウンジ、二本松の観光スポットや特産品を紹介するギャラリーを整備。桜を堪能した後は、二本松の歴史や文化、魅力に触れてみてはいかが。

Information

問い合わせ先
二本松市観光連盟(二本松市観光課内)
問い合わせ先
電話番号
0243-55-5122
リンク
https://www.nihonmatsu-kanko.jp/

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS