福島市×CJ エール企画 福島エール福島市×CJ エール企画
  1. Home
  2. グルメ
  3. 真っ赤なカウンターと店主の温かさに引き寄せられる、夜の駆け込み寺的食堂

ふくしま定食部

真っ赤なカウンターと店主の温かさに引き寄せられる、夜の駆け込み寺的食堂

第10回「天水」

  • 情報掲載日:2018.04.01
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 春ですね!
 桜色もいいですが、"真っ赤"に包まれたいと思われている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方に朗報です。

 記念すべき第10回の定食部は、初の「夜の食堂」訪問。41年間に渡り、福島の夜を見守り続けてきた、みんなの終着駅『天水』さん。

 入り口のガラス戸から中を覗いて、自分がゲートインできる座席が見えたなら入店です。『いらっしゃい』の優しい声とともに迎い入れられた店内はビビッドな赤!

 この手入れの行き届いた赤いカウンターに映りこむ黄色のメニューを前に、胃袋が急かすのを治めるように、まずはビールと餃子から。

 “お通しに供される落花生をスマートに食べてこそ一人前”と勝手に自分に課して、パリッと殻を割ってはグラスのビールをいただきます。
 程なくして、餃子も到着。ぷっくりとした餃子が、焼き目を上にして『さあ食べてくれ』と言わんばかりの表情。箸でちょい割りして、酢醤油を可能な限り染ませてから頬張ります。

 調理師会から職人として各地へ派遣され、腕を振ってきた店主。店名は、現在のお店を構える前に勤めた東京都江東区のお店『天水』さんから、そのままいただいたそう。店主の根っからの職人気質は、食材の下処理や店内の清潔さからも垣間見ることができます。

 サラリーマンの夜食となることが多いことから“缶もの粉ものは使わない”と味付けからしっかりと調理される姿にも心が温かくなります。

 店主の手が空いたときのお話しチャンスも逃す手はありません。時事ネタから相撲談義にまで及ぶお話しと、あったかやさしい笑顔に、ほっこりと癒してもらえるのも、天水さんの大きな魅力です。

  さて、餃子が残り3個になったあたりで、メインディッシュを考えることにします。炒めたモヤシの、うまみが十分に溶け出したスープが絶品の“いつもの”モヤシメンも食べたいし、定番のチャーハンも手抜きなしの美味しさだし…。

 迷った挙句、現在ではご飯ものメニューは減りましたが、ファンの熱いリクエストによって夜9時までの時間限定復活を遂げた、カツ丼に再会することにして、図上の猪木のサイン色紙を見つめたりしながら待ちます。

チャーハン
チャーハン
モヤシメン
モヤシメン

 さあ、来ましたよ!

 カウンターに置かれたカツ丼を、両手で大事に受け取ったら、あとは胃袋にトライを決めるだけですね。

カツ丼(950円)
カツ丼(950円)

 やわらかい豚肉に、約15度の斜度を流れ落ちる玉子は、まるで袋田の滝(※茨城県にある名瀑)のよう。添えられたスープとたくあんの小皿に、隠れミッキーを見つけて、しばし幸せな時間です。

 さて、ビールから日本酒に替えて、しっかり温まったら家に帰る時間です。

アントニオ猪木のサイン
アントニオ猪木のサイン

 〆に立ち寄っているつもりが、天水さんへ来るまでの逆算で1日行動してきたのではないかとさえ思えてくる、そんな気すらします。

 今夜も幸せな時間でした。ごちそうさまでした!

Information

天水
住所
電話番号
024-522-2303
営業時間
18:00~23:00
休み
日曜祝日
駐車場
なし

関連記事

SNS