CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. グルメ
  3. 大振りカキフライを、タルタルとソースでハイブリッドに頬張る

ふくしま定食部

大振りカキフライを、タルタルとソースでハイブリッドに頬張る

第8回「味処 東本店」

  • 情報掲載日:2018.02.04
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 さて、第8回の定食部は、昭和51年創業、飯坂町平野の奥座敷とも言うべき、落ち着いた佇まいが人気の『味処 東本店』さん。

福島駅からだと飯坂温泉に向かう国道13号道路沿いにあります
福島駅からだと飯坂温泉に向かう国道13号道路沿いにあります

  少人数で囲むテーブル席や、大人数で集まる広間、様々なシーンで利用できるのがありがたいですね。テーブルのメニュー表を開くと、最初のページに氷室と布袋のごとき名物2大メニュー、「ソーツカツ丼」と「カキフライ定食」。こちらには、西会津産の蕎麦や鰻などもあるのですが、今回はやはりこのツートップから選ぶことにして…冬季ですから、気分はカキフライですね。
  ドリンクメニューのレモンスカッシュとクリームソーダにも魅かれます。

『東』さんにおいて“氷室と布袋”とも言える2大メニュー!
『東』さんにおいて“氷室と布袋”とも言える2大メニュー!
"スリッキー"のネーミングに想いを馳せて…
"スリッキー"のネーミングに想いを馳せて…

 広間のお客さんの楽しそうな雰囲気にホンワカしたり、卓上の「ごますり器」に書かれた“スリッキー”の文字に、メーカーの商品会議の状況を想像したりしながら楽しみに待ちます。
 
 さあ、運ばれてきました!

「カキフライ定食」1,000円

  メンチカツか!と思うほどの大きな牡蠣が5つ。感動すら覚えます。さらには、小鉢のタルタルソース、ボトルのソースのダブルテイストのありがたさ。
  5つの配分を“タルタル3、ソース2”にするか、はたまた“タルタル2、ソース2、ストレート1”にするか、などと考えを巡らせます。

牡蠣にたっぷりとタルタルソースを!
牡蠣にたっぷりとタルタルソースを!
ソースは、埼玉の「タカハシソース」
ソースは、埼玉の「タカハシソース」

  この贅沢な綱引きにひと息いれて、サラダに箸を向けます。新鮮なキャベツにフレンチドレッシングのオレンジが、これまた鮮やか。添えられたレモンが車輪のようで、皿ごと国道13号線へ出て走り出しそうな雰囲気です。

輪切りのレモンは、今にも国道13号に走らんとする車輪のよう
輪切りのレモンは、今にも国道13号に走らんとする車輪のよう
最後はお茶でほっと一息つきながら。午後の活力をチャージ
最後はお茶でほっと一息つきながら。午後の活力をチャージ

  ここに茶碗蒸し、小鉢の佃煮が付いて、お盆には隙間がないほど。味わい深い扇形の器から漬け物をいただいて、おなかも心もすっかり寛いでリフレッシュ完了。午後もまた頑張れそうです。

  ごちそうさまでした。

Information

味処 東本店
住所
電話番号
024-542-7711
営業時間
11:15~14:15ラストオーダー/17:30~20:15ラストオーダー
休み
毎週木曜日(祝日は営業。店のSNSで確認を)
駐車場
16台
リンク
https://www.ajidokoro-azuma-honten.jp/

関連記事

SNS