1. Home
  2. グルメ
  3. アボカドソースとジュレで味わう、新感覚のカルボナーラ風そば

アボカドソースとジュレで味わう、新感覚のカルボナーラ風そば

  • 情報掲載日:2019.06.16
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
「アボカドソースのジュレ蕎麦」(1,200円)。グリーンのアボカドのソースと、透明感のあるジュレが涼しげ。そばつゆは多めにかけた方が全体がよく混ざり食べやすい。どのメニューにも蕎麦豆腐や揚げ蕎麦がきなどの前菜3品が付く
「アボカドソースのジュレ蕎麦」(1,200円)。グリーンのアボカドのソースと、透明感のあるジュレが涼しげ。そばつゆは多めにかけた方が全体がよく混ざり食べやすい。どのメニューにも蕎麦豆腐や揚げ蕎麦がきなどの前菜3品が付く

そば粉は、会津産をベースに北海道や福井産の在来種をブレンドし、毎日石臼で自家製粉。高知県土佐清水産の本枯節と宗田節、サバ節でダシを引き、日高昆布で味を調えたつゆ。そば好きが高じて店を開いたというだけあって、店主・大山雅之さんのこだわりがメニューの一品ひと品に感じられる。

そんな『やまき』からこの初夏にお目見えしたのが「アボカドソースのジュレ蕎麦」だ。アボカドと山芋を合わせたソースとそばつゆのジュレ、そして季節の野菜と温泉卵を混ぜていただく新感覚のそば。粘りのあるソースが細めのそばに絡まり、まるで冷たいそばのカルボナーラ。ボリュームもあり、あっさりしたそばでは物足りないという人にもおすすめだ。

「鴨つけ蕎麦」(並盛り1,300円、大盛り1,450円)は、コクのある温かい鴨つゆのほかに、別盛りで鴨のローストが添えられる。ダシの味わいと肉のうまみで鴨の魅力をたっぷり味わえる
「鴨つけ蕎麦」(並盛り1,300円、大盛り1,450円)は、コクのある温かい鴨つゆのほかに、別盛りで鴨のローストが添えられる。ダシの味わいと肉のうまみで鴨の魅力をたっぷり味わえる

ほかに、小海老の天ぷらと野菜を合わせた「小海老の天ころ蕎麦」や「とろたまつけ蕎麦」なども、夏に楽しみたいこの店ならではの味だ。

国道沿いの小高い場所にあり、店内は明るく日当たりが良い。元々趣味で集めていたというそば猪口は、今や数え切れないほど。好きな猪口を選んで使えるのもうれしい
国道沿いの小高い場所にあり、店内は明るく日当たりが良い。元々趣味で集めていたというそば猪口は、今や数え切れないほど。好きな猪口を選んで使えるのもうれしい

Information

そば家 やまき
住所
電話番号
024-983-6608
営業時間
11:00~15:00(そばがなくなり次第終了) 
休み
毎週月・火曜日(祝日は営業、1・2月は土・日曜祝日のみ営業だが、4名以上の予約で平日も営業可)
料金
もり蕎麦(850円)、小海老の天ころ蕎麦(1,100円)、とろ玉つけ蕎麦(950円)、他
駐車場
6台

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS