1. Home
  2. おでかけ
  3. 『ジュピアランドひらた』の「世界のあじさい園・ゆり園」

『ジュピアランドひらた』の「世界のあじさい園・ゆり園」

ジュピアランドひらた

  • 情報掲載日:2018.05.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
拡大な敷地を美しく彩るアジサイがゆっくりと楽しめる。色や品種によっても異なる花言葉を思い浮かべながら園内を歩きたい
拡大な敷地を美しく彩るアジサイがゆっくりと楽しめる。色や品種によっても異なる花言葉を思い浮かべながら園内を歩きたい

 福島県の南東部に位置し、阿武隈山系の豊かな自然に囲まれた「平田村」。村のシンボルともいえる蓬田岳の麓にあり、絶景の芝桜で人気の『ジュピアランドひらた』内に、2016年に開園したのが「世界のあじさい園・ゆり園」。
 毎年品種を増やしていき、今年2018年で3シーズン目を迎えて、昨年以上の花々の共演が楽しめる。アジサイは約5ヘクタールに国内外の品種が825種類、約2万株におよぶ。また、ユリは約60アールの敷地に50種類、約2万3,000本と豊富に咲き競う。
 特にアジサイは園内の気温が生長に最適といわれ、花持ちや色持ちが良いことから植栽が始められた。中には平田村のオリジナル品種も44種が植えられているという。また、2011年の震災時に須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」の決壊後にダム底で咲いていたといわれる「奇跡のアジサイ」が株分けされ、約20株が植えられている。いずれも植栽して1年から5年目までと若いものなので、まだまだ株は小さい。しかし、成長の過程を楽しむことができるのも早い時期だけといえる。次第に大きくなっていく姿を毎年通って見るという楽しみ方は今だけ。
 アジサイもユリも、ともに7月上旬から7月中旬が見頃となる。

2017年の「ゆり園」の様子。色鮮やかなユリの花々をじっくりと愛でたい
2017年の「ゆり園」の様子。色鮮やかなユリの花々をじっくりと愛でたい

 また、敷地内では野鳥観察棟の展望デッキ「ジュピアランドひらた634」も楽しみのひとつ。名前の由来はスカイツリーと同じ高さになる標高634mから。デッキの後方にはツツジもあり、5月中旬が見頃となるという。
 おでかけの際に立ち寄ってもらいたいのが「道の駅ひらた」。産品・加工品が揃うのでお土産品選びに最適だ。季節限定の「アスパラソフト」(350円)や、平田村産サツマイモ(シルクスイート)本来の甘さがおいしい〝飲める焼き芋〟こと「いもちゅう」(388円)も人気だ。

Information

ジュピアランドひらた
住所
電話番号
0247-55-3535
営業時間
9:00~16:30
駐車場
300台
リンク
http://www.vill.hirata.fukushima.jp

【これもおすすめ!】山鶏滝

駐車場から約750mほど歩くと見える。手つかずの自然に囲まれた山鶏滝
駐車場から約750mほど歩くと見える。手つかずの自然に囲まれた山鶏滝

「ふくしまの遊歩道50選」「福島遺産100選」の名所

 平田村中倉の北須川沿いに続く往復約1.5km の道のりには、数々の滝や渓流を楽しみながら歩ける遊歩道が整備されている。駐車場付近から散策が始まり、山鶏滝橋の上から山鶏滝を正面に見ることができる。落差約8mの滝は、初夏の新緑と相まって癒しの風景を作り上げ、険しい岩肌の上を流れ落ちる自然美は一見の価値あり。その名の由来については、富士山から黄金の山鳥が飛んできて、この滝に入ったとか、滝の姿が山鳥が羽を休める姿に似ているとか諸説あり。橋を渡った先には山鶏滝不動尊があり、この地が修験の場とも伝えられていることが分かる。さらに進むと女滝、そして男滝を目にすることができる。あぶくま高原道路の石川母畑IC か平田西IC から約5、6分ほどの場所。

Information

山鶏滝
駐車場
10台
問い合わせ先
平田村産業課
問い合わせ先
電話番号
0247-55-3115

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS