1. Home
  2. おでかけ
  3. 新鮮な野菜や特産品が並ぶ西郷村の魅力がたっぷりつまった直売所がオープ…

新鮮な野菜や特産品が並ぶ西郷村の魅力がたっぷりつまった直売所がオープン【AD】

  • 情報掲載日:2018.07.10
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

清らかな水と高原に育まれた新鮮な農産物が充実

 「まるごと西郷ニシゴーヌのやおやさん」の跡地に、2018年6月9日『まるごと西郷館』がオープン。福島県内産の木材、外壁には落ち着いた雰囲気を醸し出す白河石を採用するなど各所に自然の物を配した造りになっている。気さくなスタッフが迎えてくれる居心地の良い直売所だ。

みずみずしい野菜が手頃な価格で購入できる。季節や天候などにより価格は変動するが、写真の野菜は100円から130円ほどで販売。旬の味覚が楽しめる
みずみずしい野菜が手頃な価格で購入できる。季節や天候などにより価格は変動するが、写真の野菜は100円から130円ほどで販売。旬の味覚が楽しめる
国道289号沿いにオープン。福島県産の木材を使い、大きな窓から明るい日差しをとり込むなど自然を生かした造りになっている。店名を大きく掲げるモニュメントは西郷村で伐採した樹齢104年の松から作られている
国道289号沿いにオープン。福島県産の木材を使い、大きな窓から明るい日差しをとり込むなど自然を生かした造りになっている。店名を大きく掲げるモニュメントは西郷村で伐採した樹齢104年の松から作られている

 取り扱う商品は西郷産にこだわり、多くが村内で製造・生産されたものだという。阿武隈川の清らかな水で育ったお米や野菜がふんだんに並んでおり、地域の味覚が新鮮かつ手頃な料金で購入できるのもうれしい。夏野菜の最盛期を迎えるこの時期は、ブロッコリーやトマト、トウモロコシなどが豊富に揃う。生産者が日に数度、陳列棚に補充をしているが、人気の物はすぐに売れてしまうため目的の品がある場合は午前中の来店がおすすめだ。

暑い夏には特に食べたくなる「高原の郷ソフトクリーム」(390円・小300円)。特産の高原牛乳をたっぷり使い、牛乳本来の味わいと、なめらかな舌触りが楽しめる
暑い夏には特に食べたくなる「高原の郷ソフトクリーム」(390円・小300円)。特産の高原牛乳をたっぷり使い、牛乳本来の味わいと、なめらかな舌触りが楽しめる
地元産の野菜がふんだんに入った「西郷丼」(800円)。中身は月替わりで変わるので、旬の味覚が味わえる。ほかにもおこわやプリプリのエビが入った「和来亭 西郷館」限定の揚げ物「和来巻」(300円)もおすすめ
地元産の野菜がふんだんに入った「西郷丼」(800円)。中身は月替わりで変わるので、旬の味覚が味わえる。ほかにもおこわやプリプリのエビが入った「和来亭 西郷館」限定の揚げ物「和来巻」(300円)もおすすめ

 西郷村は福島県内でも有数の生乳の生産地でもある。訪れた際には、高原の澄んだ空気と豊かな土壌が育んだ牛乳を使ったソフトクリームもぜひ味わってほしい。店内の軽食スペースで販売する「高原の郷ソフトクリーム」は、西郷産の生乳を100%使い、低温殺菌を施し、しっかりとしたミルクの味わいとキレのある後味が特徴だ。ほかにも身体にやさしい家庭的な料理も提供している。

地域の生産者と触れ合えるマルシェを毎月開催

 以前から西郷村で実施されていた軽トラ市が「まるごとマルシェ」にリニューアル。『まるごと西郷館』の敷地内で毎月第2土曜日(6月〜11月の期間)の10時から開催。地元の生産者や農家さんと顔を合わせて買い物を楽しむことができる。野菜の選び方や生育へのこだわり、食べ方などの話を聞きながら購入できるのが醍醐味だ。当日は、その日の朝に採れた野菜や加工品はもちろん、手芸品、手作りのお菓子などが販売される予定。
 白河ICから10分、国道289号沿いと好アクセス。旬の野菜と地域の方との交流を求めて、足を延ばしてみてはいかがだろうか。

Information

まるごと西郷館
住所
電話番号
0248-25-5007
営業時間
9:00~18:00
休み
第3火曜日
駐車場
56台
リンク
https://www.marugoto-nishigo.com/
備考
2018年6月9日オープン

[夏のおすすめ品]
ジャガイモ、ナス、トウモロコシ、カボチャなど

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

同じエリアのスポット

SNS