1. Home
  2. おでかけ
  3. 年末年始も入浴可能!福島市の温泉街にある共同浴場

ふくしま湯めぐりダイアリー

年末年始も入浴可能!福島市の温泉街にある共同浴場

第18回~福島市『あったか湯』『波来湯(はこゆ)』~

  • 情報掲載日:2018.12.19
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

いよいよ今年も残りわずかとなりました。年賀状の準備や仕事納め、大掃除に買い出し…やることが目白押しです。朝晩の寒さも冬の訪れを体感する日々。気ぜわしい時こそ、日帰り温泉でリフレッシュして気持ちよく新年を迎える準備をしましょう。

白いにごり湯を満喫できる高湯温泉の共同浴場『あったか湯』

青みがかった乳白色の湯が満ちる岩造りの女性用露天風呂。他に木造りの男性用露天風呂もあります
青みがかった乳白色の湯が満ちる岩造りの女性用露天風呂。他に木造りの男性用露天風呂もあります

「温泉総選挙2017」で最高賞の一つ環境大臣賞に選ばれた高湯温泉。その温泉を共同浴場で存分に楽しめるのが『あったか湯』です。

高湯温泉地内で、源泉から浴槽までが一番に近いのがこの施設。硫黄の独特の匂いや青みがかった新鮮なにごり湯も、この温泉ならではの楽しみです。

貸切風呂もあります(50分1,000円、入浴料は別途、要予約)。冬季は閉鎖されることもあるため、施設へ確認を
貸切風呂もあります(50分1,000円、入浴料は別途、要予約)。冬季は閉鎖されることもあるため、施設へ確認を

「酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉」という長い泉質名は、複数の成分が含まれている証。肌が弱い方には刺激が強く、長湯すると湯あたりすることもあるのでご注意を。

桶に湯を汲んで身体を流す昔ながらの湯浴みスタイルで、身体を芯まで温めてください。

入浴時間は大広間での休憩を含めて1時間以内に。タオルやシャンプー、石けんはありませんので持参、もしくは売店で購入を。

Information

高湯温泉共同浴場 あったか湯
住所
駐車場
18台(第2駐車場20台あり)
問い合わせ先
高湯温泉観光協会
問い合わせ先
電話番号
024-591-1125
リンク
http://www.takayuonsen.jp

ちょこっと立ち寄り

この時期に立ち寄りたいのは、『あったか湯』から福島市街地方面に車で20分ほど下った所にある「あづま総合運動公園」の「光のTREEページェント」。体育館側にあるケヤキやモミの大木が光で彩られ、クリスマスムード満点です。

他にも「あづま総合運動公園」からほど近くの、JAふくしま未来が営む農産物直売所「ここら吾妻店」もおすすめ。採れたての野菜や果物を購入できるほか、米粉を使った焼き立てのパンも販売しています。営業時間は9時から17時(12月30日は15時まで)、無休(年末年始12月31日から1月4日は休み)で営業しています。

『光のTREEページェント』の詳細はこちらをクリック
『光のTREEページェント』の詳細はこちらをクリック
大型駐車場とトイレも完備しており「吾妻の駅」という名の通り、休憩にピッタリのスポットです
大型駐車場とトイレも完備しており「吾妻の駅」という名の通り、休憩にピッタリのスポットです

レトロな雰囲気を醸す飯坂温泉の共同浴場『波来湯(はこゆ)』

左側の「温(ぬる)い湯」で身体を慣らしてから「熱い湯」に入浴するのがおすすめ
左側の「温(ぬる)い湯」で身体を慣らしてから「熱い湯」に入浴するのがおすすめ

福島駅から飯坂温泉をつなぐローカル線の飯坂電車。この終点の「飯坂温泉駅」から歩いて1分程のところにあるのが『波来湯』。

源泉かけ流しで約45℃の浴槽「熱い湯」と、約42℃に調整した浴槽「温(ぬる)い湯」があります。 飯坂温泉内には9つの共同浴場があり、その中で唯一、シャワーが完備されています。

泉質は「アルカリ性単純温泉」で、肌あたりがやさしいお湯ですよ。

近隣の「波来湯公園」で湯上りのひと休みもできます
近隣の「波来湯公園」で湯上りのひと休みもできます
太鼓やぐらを設けたレトロな雰囲気の外観が目印
太鼓やぐらを設けたレトロな雰囲気の外観が目印

石けんやシャンプー、タオルはありませんので持参、もしくは売店で購入を。

Information

飯坂温泉共同浴場 波来湯(はこゆ)
住所
駐車場
施設併設4台(「おもいやり駐車場1台含む」)、若葉町駐車場23台
問い合わせ先
波来湯お問い合わせダイヤル
問い合わせ先
電話番号
024-542-5223
リンク
http://www.fckk.co.jp/onsen/

ちょこっと立ち寄り

『波来湯』から4、5分程歩いたところには「旧堀切邸」という大きなお屋敷があります。この「旧堀切邸」は、江戸時代から続いていた豪農・豪商の旧家で、1775(安永4)年建築の福島県内で現存する最大で最古の土蔵「十間蔵」など、歴史的価値の高い建物が現存しており、一般に開放されています。

敷地内には車イスの方も利用できる足湯と手湯があり、源泉かけ流しの温泉でリラックスしながら、美しい庭園を眺めることができる憩いの場所。敷地内への入場は無料。営業は無休(臨時休館あり)で9時から21時まで開放されています。

関連記事

SNS