CJ MonmoCJ Monmo CJ Monmo
  1. Home
  2. おでかけ
  3. 福島駅前にゲストハウスがオープン!CJ編集部が実際に泊まってみた!?ラン…

福島駅前にゲストハウスがオープン!CJ編集部が実際に泊まってみた!?ランチでは世界各国の味が楽しめる!

福島駅東口から徒歩10分、2021年3月にオープンしたゲストハウス『La union(ラ・ウニオン)』にCJ編集部・りおぴがひょんなことから、泊まってみた!福島の魅力を発信する拠点として、今後目が離せない注目の新店。女子会や飲み会の帰りなどにおすすめ。

  • 情報掲載日:2021.04.26
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

【2021年4月某日16:50】

CJ編集長「みんな、あと10分で校了だよ!急げ~!!」
CJスタッフ・浩希「ゲストハウスの『La union』さん校了です」
CJ編集長「みんな~、最後の確認も忘れずにね!」


校了日。それは記事を自分の手元から手放し、印刷所にお渡しする日。そして、一ヵ月の中で最も時間が早く感じる日のこと。

入社3年目の編集者・りおぴは、校了後の解放感がとてつもなく気持ちよく、何事にも代えがたい瞬間であることを毎月実感している。

【同日17:00】

りおぴ「おわったぁぁぁぁ!!!」

校了後の解放感から、CJ編集部一同は各々自由に過ごしている。お酒を飲みに行く人、エステに行く人、自分へのごほうびを買う人。

非日常を求めるりおぴは福島駅前をフラフラと歩いていた。お腹はすいたし、非日常・貴重な体験もしたい。とにかく、この解放感を受け止めてくれる場所はどこ?

ふと、頭をよぎる編集部での光景がフラッシュバック…。

そういえば、誰かがゲストハウスって言ってたような…。

名前はそう、『La union』だったはず!!!

校了明けで空まで飛べるんじゃないか!?というほどのフットワークの軽さを心に抱いて、ゲストハウス『La union(ラ・ウニオン)』へ向かうことに。

2021年3月オープンのゲストハウスにたどり着く

オーナーの伊藤さんが笑顔で出迎えてくれる。宿泊の方にはアメニティー、部屋の管理ができるタブレット端末、ウニコインを渡される
オーナーの伊藤さんが笑顔で出迎えてくれる。宿泊の方にはアメニティー、部屋の管理ができるタブレット端末、ウニコインを渡される

りおぴ「こんばんは~!いきなりですけど、泊めてもらえますか?」

伊藤さん「今なら部屋が空いてるので入れますよ!1泊2,900円からですが、どちらのお部屋にしますか?」

まさかの1泊2,900円からにオドロキ!個室とドミトリーがあるそう。

角部屋の個室。部屋のロック、空調、照明などは貸し出されるタブレット端末で管理できる
角部屋の個室。部屋のロック、空調、照明などは貸し出されるタブレット端末で管理できる

ゆっくり過ごしたい方は個室(ダブル・5,900円~)を、ゲストハウスらしいドミトリーは2,900円から。

予約は店舗に直接電話するのがお得だそう。

ドミトリーは一部屋最大8名収容可能。中に入るとちょうどいい広さが心地よくて、抜け出せなくなる人もいるかも!?
ドミトリーは一部屋最大8名収容可能。中に入るとちょうどいい広さが心地よくて、抜け出せなくなる人もいるかも!?

ドミトリーはこんな感じでした。飲み会の帰りはカラオケに行っていた時代もあったけど、これからはドミトリーもありですね。

伊藤さん「りおぴさん、ウニコインを利用すると近隣の飲食店でお得なサービスを受けられますよ!」

りおぴ「ウニコイン?」

ウニコインとは…
『La union』の宿泊者に渡されるコイン。加盟店に持っていくと、コインと引き換えにウェルカムドリンクをサービスしてもらえる!

【ウニコイン加盟店】
「La union」「手打ちそば よしなり」「ハングルースダイナー」「やきとり 江口」「食堂ヒトト」「ゴールデンネバダ」「ペントノート」「お百しょう屋」「酒ト肴ト○○ト慶輔」「如春荘」「Curry dining bar 笑夢」「イーチデー」


りおぴ「コインもかわいい!」

伊藤さん「実は、絵柄にこだわりがあって、奥に描いてあるのが吾妻山。山から湖に吹き下ろす風と、手前はひょっこり浮かぶ信夫山。

福島市を表しているんだけど、福島市は盆地なのは知ってるよね。もともとは大きな湖があり、吾妻山から強い風が吹いて、湖が吹き飛ばされたんだ。そこから風が吹く島で“福島”…という話を聞いたことがあって、それをイメージしてみました。良いところだよね、福島は」


りおぴ「なるほど!勉強になります。また、このコインを利用すると『La union』だけじゃなく、駅前の飲食店にもお客さんが足を運ぶようになりますよね!お店とお店の繋がりを感じます」

伊藤さん「そうなんだよ。加盟店の皆さんも良い人たちだから、楽しんでおいで!」

ウニコインを利用して、新店の『江口』へ!

笑顔がまぶしい『やきとり 江口』の店主
笑顔がまぶしい『やきとり 江口』の店主

りおぴ「こんばんは~!ウニコイン使いたいんですけど…」

江口さん「ウニコイン1枚で、『キリン一番搾り』1杯と交換です」

『江口』は2021年3月オープンの新店。備長炭でじっくり焼き、旨みがギュッと詰まった焼き鳥を提供しています。焼き鳥は1本198円から。

りおぴ「プハ~!やっぱり、一仕事したあとのビールは最高!」

江口さん「おいしい焼き鳥を食べ、ビールを飲んだ後に、『La union』ですぐ寝られるなんて至福のひと時だよね。伊藤さんも良い人だし、今日はゆっくり休んでね」

『江口』で食事とお酒を味わった後は、『La union』へ千鳥足で戻りました。



伊藤さん「おかえりなさい。楽しんできたようだね!」

りおぴ「今日はぐっすり眠れそうです。福島って改めて、良いところだなって感じました。人と人のつながりを感じてほっこりしました。本当に楽しい日になりました」




【翌朝】


伊藤さん「おはよう!また来てね。うちでもランチやディナーも食べられるから、友達と女子会も楽しいよ!」

「La unionランチプレート」(980円)。選べるメイン1品、副菜3品、スープ、ご飯付き
「La unionランチプレート」(980円)。選べるメイン1品、副菜3品、スープ、ご飯付き

伊藤さん「実は、自転車で世界一周してた時があって、世界各国おいしいものがあるから、それをたくさんの人に伝えたいんだよね」

写真のメインは「ウイグル風大盤鶏」。中国西部ウイグル族のごちそうだそう。様々なスパイスを使用したエスニックな肉じゃがといった感じで、おいしいです。

他にも「トルコ風坊さんの気絶」は、トルコの食堂で定番の冷製ナスの揚げ浸し。「ペルー風ポヨサルタード」は、鶏肉やじゃがいも、トマトを炒めたペルーの中華。また、副菜なしでスープがセットで付く「キューバサンド」(780円)も人気です。2014年公開の映画『シェフ』で登場し、食べたいと思った方もいるのでは?

りおぴ「世界各国の料理が味わえるのも魅力ですね。それに、世界一周って!?」

伊藤さん「隠してたわけではないんだけど、実はね。日本を出てから、福島に戻ってきて、改めて福島の良さを感じたんだ。そこから、『La union』は福島の魅力を発信する拠点になればいいなと思ってるんだよね」

伊藤さんの思いが伝わりました。我々、CJ編集部も福島の魅力発信は同じ目的なので、一緒に楽しいことができたらいいですよね!

本当にありがとうございました。また来ます!

動画で『La union(ラ・ウニオン)』の魅力をチェック!

Information

La union(ラ・ウニオン)
住所
電話番号
024-572-5838
営業時間
11:30~14:00/16:00~22:00
※宿泊のチェックインは16:00~23:00/チェックアウトは7:30~10:30
※時間外のチェックイン希望は事前に相談を
休み
不定休
料金
【宿泊料金】
・ドミトリー…2,900円~
・ダブル…5,900円~
・ツイン…6,200円~
駐車場
なし

この記事はどうでしたか?

Facebookでも情報を配信しています。
ぜひフォローをしてください。

関連記事

SNS