福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」 福島市ホストタウン事業「スイス・ベトナムグルメスタンプラリー」
  1. Home
  2. グルメ
  3. 番号オーダーで人気の老舗食堂は、なくてはならない渡利の風景

ふくしま定食部

番号オーダーで人気の老舗食堂は、なくてはならない渡利の風景

第12回「あさひや食堂」

  • 情報掲載日:2018.06.03
  • ※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

 6月に入り、梅雨の時期になって参りました。天気とから揚げはカラッとしていて欲しいものですね。
 さて、1周年を迎えた第12回のふくしま定食部は、渡利大橋を南下して2つ目の信号を左折。渡利の台所『あさひや食堂』さん。住宅地に佇む白とミントグリーンの店構えは、お昼時には駐車される車で正面が隠れてしまうほど(駐車場は離れたところにもあります)。

 がらりと引き戸を開けると、厨房側のカウンターと通路を挟んだテーブル席。奥の座敷からは、食堂女子会を楽しむマダムたちの和やかな会話も聞こえてきます。
 カウンターの漫画の前に陣取ったら、おしぼりで手を拭いつつ、ホワイトボードのメニューを眺めます。
 こちらのシンプルで澄んだラーメンが好みなので、それに何を添えようか…。セットの7番『半肉丼』と8番の『半焼肉丼』の違いは何だろうなどと想像を膨らませながら、今日は腹ペコでしたので、視線ルーレットは8番を指しました。
 そんな中、常連さんたちは入店するなりの番号コールですから、そんな風に粋に振る舞える姿に憧れます。

 ご夫妻のすばらしい連携を、ガラス窓の上のほうにチラチラ感じながら、そわそわと漫画を手に取ります。台所的アットホームさと、出前に出発するバイクの音が心地よく、初夏の雰囲気と相まって気持ちの良い時間が流れます。

 『お待たせしました』の声とともに、ラーメン+半焼肉丼の到着です!

「ラーメン+半焼肉丼」(850円)
「ラーメン+半焼肉丼」(850円)

 スープをれんげでひと掬い。すぅーっと染み渡る優しさが、食欲の呼び水となります。
 程よい柔らかさのチャーシューからのスープ、歯触りのいいメンマからのスープ。ホッとします。老舗食堂らしい多加水麺は食べやすい歯ごたえで、すべてがちょうどいい塩梅ですね。

 ここで、焼肉丼にスイッチ!
 下のごはんが見えないほどに覆われた焼き肉には褐色の焼き目。スライスキュウリもうれしいですよね。"半"とありますが、OLさんのランチで言えばフルサイズであろう贅沢な"半"サイズです。

 まさに朝日が昇るように、丼から現れた電話番号。市外局番の次が2桁の数字というのが今では懐かしいですね。かねてから出前も人気だったのでしょう。
 半世紀にも及ぶ老舗食堂ですから、親やおじいさんも慣れ親しんだラーメンや定食を、変わらず味わえることはホントにありがたいです。

 すっかり完食して、ふとグリーンの暖簾のスリットから渡利の住宅地を眺めながらのクールダウン。

 次回は半肉丼を選んで、違いを確認しようか、はたまたハムエッグ定食もいいなぁ。いや、食堂の冷やし中華にも魅かれる…。

 なにはともあれ、また来ます!ごちそうさまでした。

Information

あさひや食堂
住所
電話番号
024-522-9477
営業時間
11:00~14:00/17:00~19:30
休み
毎週月曜日
駐車場
10台

関連記事

SNS